ぼく達の飼い主の【ポジティぶろぐ】

お金とペットの悩みを解決するブログ

ぼく達の飼い主の【ポジティぶろぐ】

  あなたにぴったりの税理士の探し方は? 

再婚相手の連れ子への相続はどうなる?|相続させたい場合の対策あり!

離婚や再婚した場合に、その子供に起こりうる相続問題について記事にしました。 子が相続できるかどうか、そして、相続できない場合の対策や、その対策をした事によって起こりうる問題などを、わかりやすく説明しています

【家財保険の裏ワザ6選】わざと壊した場合も申請できる?

故意に壊したソファーやPCなどの家財は申請できるでしょうか?家財保険を請求できるケースをわかりやすく解説しています。また、家財保険にかしこく加入する裏技も伝授。さらに、加入した後も火災保険を最大限活用できる方法も記載しています。

【本音を暴露!】税理士が顧客を断る理由5選|コロコロ税理士が変わると税務調査の対象にも(>_<)

tax

本記事では税理士にとって嫌な客になり契約解除されないために、税理士に嫌煙される人の特徴を記載しています。 また、税理士に断られてもすぐに税理士が見つかる方法も掲載しています。

【八王子警察署が猫を遺棄!】ノイちゃんは悔しい結末に・・・|経緯やその後の対応も随時記載

pet

八王子署が猫(ねこ)のノイちゃんを河川敷に放置した事件について詳しく記載しています。 Twitterの反応はもちろん、独自の見解も記載。 情報が入り次第、随時更新しています。

ペット(犬や猫)が迷子になった時の探し方7選

pet

先日、ノイちゃんという猫が八王子署によって遺棄されてしまいました。 ノイちゃん自身に迷子になった認識があったかどうかはわかりませんが、万が一、ペットの姿が見えなくなった場合は、すぐにペットを探してあげて下さい。 この記事では、猫や犬の探し方…

保険スクエアbang!火災保険の評判(口コミ)【実際に見積してみた感想あり!】

保険スクエアbang!火災保険の一括見積もりサイトを利用した体験談とその流れを記載しています。また、気になる口コミも掲載しています。

【3分で丸わかり】健保と国保の違いは?|サラリーマンすべてが『健保』とは限らない

本記事では、協会けんぽに代表される健康保険(健保)と個人事業主が加入する国民健康保険(国保)について、その違いを詳しくかつ、わかりやすく解説しています。

【ペットロスが辛い方へ】後悔や罪悪感から立ち直る方法|私が実際にしたことは?

pet

私がペットロスから立ち直った方法を記事にしました。 ペットロスの苦しみはすぐには消えません。罪悪感や後悔があればなおさらです。 でも、ペットは飼い主がいつまでも苦しんでいる姿は見たくないと思います。ペットの為にも早く元気になって下さい。

相続放棄の失敗例やメリット・デメリットを詳しく解説

相続放棄をする際に注意したい事項をわがりやすいケースを提示して記載。 相続放棄のメリット・デメリットもわかりやすく解説。 財産がある人よりも財産がない方の方が深刻なトラブルになることもあります。

【嫁・婿への相続】マスオさんが波平さんの遺産を相続するには?

通常なら相続権のない、お嫁さんやお婿さんに遺産を相続させる為の方法を記載しました。その前提となる法定相続人や法定相続分などを、人気アニメ「サザエさん」を引用し、わかりやすく説明しました。弁護士や税理士に相談する前の予備知識としてご活躍下さ…

火災保険申請サポート会社おすすめ5選

おすすめの火災保険申請サポート会社について記載しています。 昨今、悪徳業者も多い業界ですが、キチンと確認すれば、避けられる被害もあります。各、火災保険申請サポートの特徴も比較しています。気になった業者があれば公式HPで口コミもチェック!

オンスクの評判(口コミ)が気になる人必見|特徴・メリット・デメリットを詳しく解説

オンスクの特徴やメリット・デメリット、さらには口コミについてまとめました。わかりにくい料金や内容、そして「解約」や「退会」の違いにも言及しています。

【読めば簡単解決!】火災保険の選び方|ブログならではの体験談あり

この記事では、FPの立場から、そして実際に火災保険を検討した立場から、ブログならではできる実体験を元に「火災保険の選び方」をわかりすく解説しています。

【八王子署が猫遺棄事件で告訴される!】~今後の対応を随時更新~

pet

この記事では、迷い猫「ノイちゃん」が八王子警察署に遺棄され、その行動に対して告訴された件についてのその後を随時更新しています。 八王子警察署が警察としてキチンとした対応を取ってくれるのか、最後まで追っていこうと思います。

【火災保険10年廃止はいつから?】2022年10月火災保険値上げで過去最大の負担増!

2022年10月より火災保険料が値上げする予定です。それに合わせて、火災保険契約期間が10年から5年に短縮。つまり2022年の今が火災保険料を安くする最後のチャンス。このチャンスを少しでも活かせるよう、わかりやすく解説しました。