ぼく達の飼い主の【ポジティぶろぐ】

~人生のびのび前向きで~ 失敗してもそこから学んでいけばいい…

お す す め 記 事

お金・税金

申告期間過ぎたらどうなる?|税務署が閉まっても期限内申告にする方法

税務署への提出書類には、法人税の申告書や個人の確定申告書、そして相続税申告書があります。それらの申告書を申告期限内に提出できない場合の影響と、税務署が閉まってしまった後でも、提出期限内に申告したことにできる方法をわかりやすく記載しています。

【匿名でOK!】税務署への電話相談|メリット・デメリットを実体験を元に解説

確定申告や法人税、消費税、相続税についてわからないことがあれば、税務署でも無料で電話相談にのってくれます。ただし、それにはメリット・デメリットがあります。それらを十分に理解し、税理士に依頼するかどうかの選択も含めて活用してみて下さい。

【遺産相続】相続税っていくらまで無税?|いくらから税金かかるの?

相続税(資産税)の申告が必要か否かを判断する基準について説明しています。基礎控除額、非課税資産やみなし財産など、普段聞きなれない言葉が多くでてきますが、なるべくわかりやすく解説しています。ただ、相続税は資産評価が非常に難しい税金ですので税…

追徴課税・加算税ってなに?税率は?時効は?|住民税・社会保険にも影響

法人税・消費税・所得税などの確定申告・贈与税・相続税などの税金の申告漏れには、罰則的な意味合いの加算税が課税されます。追徴課税の計算例なども記載し、わかりやすく説明しています。また、住民税や国民健康保険などへの影響についても言及しています。

【確定申告】自分でやる?税理士に頼む?|メリット・デメリットを解説

所得税の確定申告書を自分で作成して提出するか、税理士に依頼するか悩んでいる方向けに、それぞれのメリット・デメリットを記載しました。税理士に依頼するメリットは、節税と申告書の信頼性です。また、依頼することによって得られた時間も財産になります。

税理士の探し方5選|元税理士勤務者が語るそのメリット・デメリット

確定申告(所得税)や法人の申告(法人税・消費税)、さらには相続(資産税)の申告には税理士に依頼するのが一番です。ただ、税理士さんってどこで探せばいいかわからない人も多いですよね。そこで、元税理士事務所経験者の視点から、メリット・デメリット…

【税理士紹介エージェント】口コミや特徴は?|無料で優良な税理士事務所を探せる会社

所得税(個人)や法人税の確定申告、さらには相続税の申告について、それぞれ最適で優秀な税理士を無料で探せるサービス「税理士紹介エージェント」の口コミ(評判)や特徴・サービス内容などを、元税理士事務所勤務経験視点でわかりやすく説明しています。

【ココナラ・アフィリエイト】副業はばれる?確定申告しないとダメな人は?

coconalaで出品して得た収入やアフィリで稼いだ収入で確定申告しなければならない対象者について詳しく解説しています。note販売やクラウドワークスで得た収入も同じなので、複数の所得がある人は、自分が申告が必要か否かをきちんと把握しましょう。

【ココナラ】税理士事務所の口コミは?|メリット・デメリットは?

無料で税理士を探せるサービスの1つ「ココナラ」の口コミ(評判)やメリット・デメリットを、元税理士勤務経験を活かし、わかりやすく説明しています。税理士探しは大変ですが、確定申告書作成には、いい税理士さんとの出会いはとても大切です。

【自宅や職場近くの税理士も探せる】おすすめ税理士紹介サイト厳選5選

相続の申告や、(法人や個人の)確定申告におすすめの税理士を紹介するサイトを厳選して紹介しています。自宅や仕事場近くの税理士を探している人や、初めての税理士選び、そして経費削減や節税対策に強い税理士を探している人必見です。

【確定申告・相続税におすすめ】税理士紹介ラボってどうなの?|口コミ・特徴は?

無料で税理士を探せるサービスの1つ「税理士紹介ラボ」の口コミ(評判)や特徴・サービス内容や申込方法までわかりやすく説明しています。もちろん、確定申告のみのスポット依頼も可能です。税理士への丸投げも可能ですし、費用削減・節税対策の相談もできま…

【税理士丸投げOK】SHARES(シェアーズ)の特徴やサービス内容は?

スポット(単発)で、確定申告書作成を税理士に依頼できるサービス「SHARES」(シェアーズ)を紹介しています。 特徴やサービス内容、そして口コミ(評判)や登録方法などをわかりやすく説明しています。相談料や月額費、成約時の成果報酬も無料です。

税理士紹介ネットワーク(タックスコンシェルジュ)の口コミ|特徴やサービス内容は?

法人(法人税・消費税)や個人(所得税)の確定申告書作成を依頼できる税理士を探すサービス、「税理士紹介ネットワーク」(タックスコンシェルジュ)を紹介しています。 特徴やサービス内容、そして口コミ(評判)や登録方法などをわかりやすく説明していま…

【主婦でもOK?】扶養外れる?株売却益・配当金を確定申告できる?

扶養の方でも株の売却益や配当金の申告をした方が得なこともあります。 税理士事務所では医療費負担や国民健康保険料のことまで気にせずに処理することが多いので、あとで保険料が増えたりします。この記事では、FPの観点から社会保険にも少し触れています…

【10万以下でも医療費控除】セルフメディケーション税制をわかりやすく簡単に解説

所得税確定申告の医療費控除の特例であるセルフメディケーション税制について、わかりやすく説明しています。 10万円以下でも適用できるので、あまり病気をしたことがない若い世代も適用できる制度です。計算例をあげて感覚的にもわかりやすく解説しています…

【確定申告】副業って会社にばれる?|会社にバレない方法あり

コロナ禍の中、テレワークや雇用の不安などで、アルバイトやアフィリエイト、セドリ、転売などの副業が流行っています。これらは対策をしないと、本業の会社にバレる可能性があります。 この記事では、本業にバレない方法を実体験を元に説明しています。

サルでもわかる【医療費控除】市販薬や付添交通費・ガソリン・駐車代は対象になる?

所得税の確定申告の所得控除の1つ「医療費控除」の対象となるものについて、基本的なものや、タクシー代や駐車場代など間違いやすいものを中心に記載しています。 電車代や市販薬など対象になるものも多いので、面倒がらずにぜひ活用し、節税対策して下さい。

【2021年確定申告】期間はいつまで?間違って申告してしまった場合の対応は?

令和3年(2021年)の所得税確定申告の提出期限について記事にしています。 また、確定申告提出後に間違いを自分で見つけた場合、どのように対処すればいいのかもわかりやすく説明しています。 この記事を読んで頂ければ、安心して確定申告に臨むことができま…

【医療費控除】いくらからでいくら戻るの?計算方法をわかりやすく解説

医療費控除の計算方法を具体例をあげてわかりやすく説明しています。 所得税がどのくらい戻るかもイメージがつくように実際に金額も算出しています。 また、一般に10万円を超えないと医療費控除できないと思われていますが、その根拠も説明しています。

【医療費控除】給付金の税金は?補てんする金額は?|わかりやすく解説

所得税の確定申告で医療費控除の適用を受ける場合の給付金について記事にしています。人生で数回あるかないかという給付金ですが、実は税金にも大きくかかわってきます。一見、難しいと思われる論点ですが、クイズ形式で、実際の金額を例に挙げ説明していま…

【税務調査】どこまで調べる?|基準や時期などわかりやすく解説!

法人や個人(サラリーマン含む)の税務調査について、税務調査に立ち会った経験を元にわかりやすく説明しています。税務調査の流れや基準・どこまで調べるのか、また時期や気を付けたいことなども記載。特に目を付けられやすい事象やその解決策なども説明し…

FP【マンガで簡単に学ぼう】法定相続分について(鬼滅の刃・煉獄)

相続について、大人気の漫画「鬼滅の刃」の登場人物を例にあげ、説明しました。今回は法定相続人について様々なケースで説明しています。 遺留分侵害額請求など難しい言葉も、漫画により、理解が深まると思います。FPなどの資格取得の際にも役に立ちます。

竹内結子さんの子供(太郎さん)にこれから起こりうる問題を【相続】の観点から考察

竹内結子さんが亡くなられたことによって、中村獅童さんとのお子さんには、心から頼れる親はいなくなりました。 親が命を絶つということが子供にとってどんなに大変なことか…。できれば、生きていてほしかったとの願いを込めて、FP目線で記事を書きました。

【主婦・学生さん必見!】扶養になれるかシミュレーション(実践編)

扶養内の103万円の壁について、シュミレーションを使って説明しています。 扶養には、税金面と健康保険面の2つがあります。 それぞれ基準としている金額が違います。 アルバイトとブログ収入などの所得が増え、扶養を外れなければならない事もあり要注意で…

株取引の税金が高い?実は金持ちほど【お・と・く】な優遇制度?

株取引に係る売却益や配当金の税金は、よく、高いと言われます。でも、高所得者からしたら、すごく安い税金なんです。その仕組みをこの記事では、わかりやすく説明していきたいと思います。こんな雑談から、色々と税金に興味をもっていただけたらと思います。

驚愕!【株売却益・配当金】申告方法によって知らずに損してるかも!

株譲渡益や配当所得の申告をすると、国民健康保険料などで、思わぬ負担増になるケースがあります。 そこでこの記事では、あまり知られていない、所得税と住民税の申告について、わかりやすく説明しています。 現在は、両者、違う申告方式を使う事ができます。

相続税は自分で申告しない方がいい理由と税理士の選び方6選

相続税は仕組みが複雑な為、自分の判断で申告すると失敗します。 また、相続税の制度を理解しきれず、申告期限ギリギリに税理士に依頼し、満足できない申告になる事もあります。 そういったデメリット回避の為、気を付けたい税理士の選び方を記載しました。

【簡単・無料で探せる】税理士ドットコムの評判(口コミ)・特徴を徹底解説!

面倒な税理士選びが、簡単にしかも無料でできるサイトを紹介しています。一言で税理士選びといっても、中々うまくいかないものです。このサイトは、専門性の高いコーディネーターが間に入って、色々と調整してくれるので、マネタイムにもなります。

失敗しない税理士の選び方|ダメな税理士の見分け方

相続税の申告や法人・個人事業主(フリーランス)の確定申告で、悩むのが「どういった税理士がいいか」ということだと思います。この記事では、税理士選びに失敗したくない人向けに、「税理士の選び方」と「ダメな税理士例」をわかりやすく列挙しました。

【注意】110万以下の贈与でも非課税にならない場合がある!

贈与税でもっとも馴染みのある、110万円の非課税について記事にしました。実はあまり知られていませんが、これには落とし穴があります。この記事では、その落とし穴を、わかりやすく説明しました。落とし穴をしっかり把握し、早め早めの対策をしましょう。