ぼく達の飼い主の【ポジティぶろぐ】

~人生のびのび前向きで~ 失敗してもそこから学んでいけばいい…

MENU

弁護士への報酬(費用)をわかりやすく徹底解説!

f:id:posiblo:20200601205432p:plain

こんにちは!
2匹のねこ🐈の飼い主です。

この記事は、

「弁護士に依頼したいけど、正直、いくらかかるか不安(´Д`)」と、弁護士に相談する一歩が踏み出せない方向けに、弁護士にかかる費用をできるだけわかりやすく解説していきたいと思います。

この記事を読んでいただくことによって、安心して、弁護士へ相談して頂けると思います。

弁護士への報酬(費用)について

弁護士報酬と一言で言っても、何種類もあります。

POINT

弁護士への報酬は現在、弁護士さんが個々に決められることになっています。

(昔は決まりがありました。)

ただ、法律相談の中で、「お願いするといくらぐらいになりますか?」と聞くと、多くの弁護士が、「「弁護士の報酬に関する規定」に基づき算定しています」」という答えが大半です。

ここで注意したいのが、依頼の内容や難易度(揉めそうか)、裁判などによっても金額が変わってきます。

偉い弁護士先生も高かった感じがします。(当たり前ですね)

ですから、出来るだけ、依頼する前には見積もりを取る事をおすすめします。

弁護士への見積はあまり聞いた事がないかもしれませんが、先に書いた「弁護士の報酬に関する規定」にも

弁護士は、法律事務を依頼しようとする者から申出があったときは、その法律事務の内容に応じた報酬見積書の作成及び交付に努める

と明記しています。

そうは言っても、実際問題、動いてみないと難易度などはわからないので、かなりあやふやな金額を言われる事が多いと思います。

ちなみに私が経験した例を言えば、3人の弁護士に見積もりをお願いした結果、7万、30万、60万の提示がありました。

びっくりする位、差がありますが、これは私(依頼者)が求めている内容を弁護士が理解していなかった結果になります。なので、こんなに差が出る事はまずありえませんが、見積りを取った故に解消できたお互いの認識だと思います。

話は逸れましたが、これから、一般的な報酬(費用)についてお話ししていきたいと思います。

弁護士への報酬(費用)の種類

まずは、どんな報酬があるのかをみていきたいと思います。

  • 法律相談料
  • 顧問料
  • 着手金
  • 報酬金
  • 日当・実費・諸経費など

主なものを箇条書きにしました。これからそれぞれ説明していきたいと思います。

依頼者が法人であれば、個人の金額よりも高いことが多いよ!

法律相談料

1回~数回行われる様なスポット的な相談料です。

無料のものから、有料のものまであります。よく、色々な団体が開催している「無料相談会」などをイメージして下さい。

どの弁護士に依頼をするか決める時などにも行えます。

相場初回は、無料~10,000円位
継続相談(2回目以降)は、5,000円~20,000円位

顧問料

毎月○○万円と決めた金額で顧問契約を締結した時の費用です。

相場は個人契約で、3万~5万円といったところでしょうか。

着手金

事件や裁判、調停などを依頼する時に払うお金です。次にお話しする「報酬金」とセットになります。(「着手金」と「報酬金」の計算方法は次項でご説明します。ここでは、言葉の意味を理解して頂きたいと思います。)

着手金は、弁護士に依頼した段階で支払います。依頼の結果に関わらず、返還されることはありません。

また、よくテレビなどで、依頼した弁護士と意見が合わず、「解任だ!」みたいな事があっても、この着手金は返還されませんので、くれぐれも弁護士選びは注意してください。

POINT

着手金は、いかなる場合でも戻ってこないよ!

報酬金

依頼した結果が成功した(勝った)場合に支払うものです。ですから、全面敗訴などの場合は払いません。(払ってでも勝ちたいですね(>_<))

日当・実費・諸経費など

文字通り、日当や電車代、裁判費用、印紙代です。鑑定書が必要になった場合は鑑定書代ももちろん請求されます。

着手金・報酬金の算定方法

着手金・報奨金は「経済的利益の額」を元に計算されます。ここでは、ごく一般的な計算方法を簡単にご説明します。

最初にお話しした通り、この算定方法によらなければならないという事ではありません。報酬金等は弁護士が任意で決められます。

ただしかし、多くの弁護士がこの算定方法を使っている現状や、先にもお話ししましたが、見積をお願いすると、「弁護士の報酬に関する規定にある金額です。」と言われる事があるので、それらの言葉の意味と算定方法をここではご説明したいと思います。

「経済的利益の額」という言葉は、見積書にもよく出てくる言葉なので、ざっと理解しておこう!

「経済的利益の額」とは

「経済的利益の額」とは、依頼者が受けた利益の額です。

わかりづらいので簡単な例題で計算したいと思います。

「経済的利益の額」には2通りの解釈があります。

注意!弁護士によってどちらの金額を選択するのか違うので、必ず、確認してね(^_-)-☆

例①

あなた(依頼者)が1,000万円の慰謝料を請求される
弁護士との話し合いの結果、慰謝料600万円で決着

した場合、「経済的利益の額」は、

  1. 400万円(1,000万円-600万円)
  2. 1,000万円

いずれかになります。

例②

あなた(依頼者)が1,000万円慰謝料を請求する(もらう側です)
相手方が600万円しか払わないと主張
弁護士の交渉により800万円で決着

  1. 200万円(800万円-600万円)
  2. 800万円   

いずれかの金額になります。

計算方法

それでは、例①で実際に計算してみましょう。

例①で算出した「経済的利益の額」に下記表の計算式を当てはめます。

「弁護士の報酬に関する規定」を一部抜粋しました。

案件によって、違いますが、ここでは一般的な案件で計算していきたいと思います。

 f:id:posiblo:20200601112454p:plain

【着手金】

1の場合
400万円×5%+9万円=29万円

2の場合
1,000万円×5%+9万円=59万円

よって、1.と2.の差額は、30万円

【報奨金】

1の場合
400万円×10%+18万円=58万円

2の場合
1,000万円×10%+18万円=118万円

よって、1.と2.の差額は、60万円

結構差額がありますよね。ですから、後で「え?こんなに払うの?」っというトラブルがない様に、必ず「経済的利益の額」の算定方法を確認してください。

その他の弁護士費用(債務整理関係)

先にお話しした、一般的な弁護士費用の他、ちょっと変わった報酬計算があります。

それは、債務整理関係のものです。

よく、テレビ等で身近になってきている、「もしかしたら、その利息戻ってくるかもしれません。」(過払金請求)って言うものです。

色々な種類の費用があります。最初にお話しした様に、金額も法律事務所によって様々です。(上限はありますが…。)

ですから、必ず、見積を取って下さい。

この記事では、見積をとった際に「訳のわからない文字が並んでいる(>_<)」って言う事がないよう解説していきたいと思います。

(あくまでも一般的な用語を用いました。法律事務所により少し言葉が違うかもしれませんが、おおよそ下記言葉を指しています。)

着手金

一般的な弁護士費用と同じで、最初に払うもので、返還はされません。相場が1つの借りいれ先(債権者)につき、大体0~2万円です。

報酬金

一般的な弁護士費用と少し違い、3種類あります。

解決報酬金

過払金が返還された時に支払うものです。

減額報酬金

相手方が主張する債権金額と実際に払う事になった金額の差額分を元に計算します。

この差額分がどうして出るかと言うと、その原因は「利息」にあります。法定外利息もしくは、グレーゾーンの利息を知らず知らず払わせられている事が多く、それが積み重なって相手方が主張する債権金額になっているのです。

過払金報酬金

返金された過払金を元に算出するものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

金額を見て、ちょっとびっくりしてしまったかもしれませんね…。

なので、まずは、法律相談する事をおすすめします。

法律相談だけで、解決することも結構多いそうですよ(^^)/

もし、依頼する事になれば、高い金額を払う事だけはあると思います。ただ高いだけではなく、それなりのものも手に入ります。

最後にその手に入るものをお伝えしたいと思います。

弁護士に依頼する利点①
精神的に楽になる

交渉は全て、弁護士がしてくれます。嫌な事を言わなくてもいいのです。

よくテレビでコメントを求められて、「弁護士さんにお任せしているので…」という発言があります。あれです。

相手側から直接何か言われても、「弁護士さんに聞いて下さい。」と一言告げて去って下さい。

これ以上のストレスは払いのけて下さい。

弁護士に依頼する利点②
受け取れる金額が増える。(被害者の場合)

顕著に表れるのは、交通事故です。

交通事故の慰謝料には、金額が低い順から

  1. 自賠責保険基準
  2. 任意保険基準
  3. 裁判所基準

があります。

保険会社が提示する金額は、一般的に2.の「任意保険基準」です。

これを弁護士に依頼すると、3.の「裁判所基準」で交渉してくれます。

金額はかなり増えます。多少、弁護士費用が高くても、それ以上の慰謝料はもらえます。

事故に会うというのは、大変な苦痛です。金額の大小は関係ないかもしれません…。

でも、大変な苦痛を味わった分、少しでも精神的に何か救いがあればいいかもしれません…。