ぼく達の飼い主の【ポジティぶろぐ】

~人生のびのび前向きで~ 失敗してもそこから学んでいけばいい…

お す す め 記 事

会計ソフトfreee(フリー)の特徴・料金・評判|実際に使って辛口レビュー

会計ソフトfreee(フリー)の特徴・料金・評判|実際に使って辛口レビュー

会計ソフトfreee(フリー)の特徴・料金・評判|実際に使って辛口レビュー

会計ソフトfreeeって使い心地どうですか?

私は、クラウド型会計ソフトを何種類か実際に使用してみました。

この記事では、その経験を元に包み隠さず、お話ししていきます。

先に結論を言うと、

freee(フリー)は仕訳ができる人にとっては使い勝手が悪い印象。
ただし、仕訳ができない人には、最高の会計ソフト!
そして、スマホでの操作性がすばらしい。
 
と、デメリットもありますが、メリットも多い会計ソフトです。

実は私は、マネーフォワードクラウドを選びました。

(マネーフォワードクラウドについては「マネーフォワードクラウドの特徴・料金・評判|実際に使って辛口レビュー - ぼく達の飼い主の【ポジティぶろぐ】」で詳しく説明しています。)

私がfreeeを選ばなかった理由は、どうしても仕訳の入力方法が馴染めなかったからです。

会計ソフトfreeeは、スマホでの操作性など、すごくいい機能もあったので、苦渋の選択でした。

会計ソフトには大きく分けて、クラウド型とインストール型の2つがあります。(詳しくは「会計ソフトはクラウド型?インストール型?|比較・メリット・デメリットを解説 - ぼく達の飼い主の【ポジティぶろぐ】」で記事にしています。)

そして、私がメリットが多いと思ったのがクラウド型です。

会計ソフトfreee(フリー)は、そのメリットが多い、クラウド型の会計ソフトです。

実は、クラウド型会計ソフトは、操作性以外、そんなに違いはありません

そこで、この記事では、会計ソフトを選ぶ上で操作性のイメージ付きやすいよう、実際の画像をふんだんに使って解説しました

画像をたくさん使っている関係上、動作が重くなってしまっているかもしれません。
また、画像が小さくて見えづらい場合は、クリックして拡大すれば大きくなります。

【本記事の内容】
  • 会計ソフトfreee(フリー)の特徴・メリット・デメリット
  • 会計ソフトfreee(フリー)の料金体系
  • 会計ソフトfreee(フリー)の口コミ

この記事を書いている人 -WRITER-

りん:FP(元税理士事務所勤務)

税金や社会保険などのわかりづらい内容を、できるだけわかりやすく説明しています。その他、アラフォーからチャレンジしているブログ運営や、ペットについても発信しています。

詳しいプロフィールはこちらから

                                              

 

会計ソフトfreee(フリー)の特徴

会計ソフトfreee(フリー)の特徴は以下のとおりです。

✓ 会計ソフトfreee(フリー)の特徴
  1. 経理(仕訳)がわからなくても簡単に入力できる
  2. 質問に答えるだけで簡単に書類が作れる
  3. 連携の自動化(自動入力・自動仕分)
  4. 請求書や経費・給与なども連携
  5. ネット環境があればどこでも操作可能
  6. 完全無料でアップデート
  7. 充実のサポート体制

会計ソフトfreee(フリー)は30日無料で体験できます。

ここでは、この無料体験で実際に行った操作画面も表示し、解説していきますね。

それでは1つ1つ見ていきましょう。

会計ソフトfreee(フリー)の特徴①
経理(仕訳)がわからなくても簡単に入力できる

会計ソフトfreee(フリー)では、経理や仕訳がわからなくても、簡単に仕訳ができる操作性を兼ね備えています。

仕訳の入力画面を見てください。

自動入力されたスマホの入力画面

自動入力されたスマホの入力画面

赤枠を入力し、「収入を登録」ボタンを押すと、青枠のように仕訳してくれます。

実は経理がわかる私にとってはこれが手間でした。
仕訳がわかる人からすると、最初っから、青枠のように仕訳した方が断然早いと思います。

また、もう1つ私が気になったのが次の画面です。

取引仕訳画面

取引仕訳画面

この画面は、freee(フリー)が連携した通帳のデータを自動仕分してくれた画像です。

科目も自動仕分してくれてとても便利です。(もちろん、科目が間違っていたら簡単に修正できます。)

これもめちゃくちゃ便利なのですが、私はどうしても馴染めませんでした。

その理由は、赤枠の通帳から引き出しのところです。

通常の仕訳なら、(地代家賃)90,000円/(現預金)90,000円ですが、

この画面は、(現預金)-90,000円/(地代家賃)-90,000円

になっています。

 費用科目が貸方(右側)になるのも、仕訳の金額がマイナスになるのも、私にはしっくりいきませんでした。

ただ、freeeはその他の操作性は抜群なので、ここは好みの問題だと思います。

30日は無料で使えますので、実際に体験してみるのがいいかもしれませんね。

>> 会計ソフトfreee(フリー)の無料体験はこちらから

会計ソフトfreee(フリー)の特徴②
質問に答えるだけで簡単に書類が作れる

会計ソフトfreee(フリー)では、ややっこしい届出等も、質問に答えるだけで簡単に作れる機能があります。

こちらも、質問に答えていくと、自動で必要な申告書や届出書・申請書を作ってくれます。

一例ですが、イメージがわきやすいように画像を用意しました。

質問に答えていく画面

質問に答えていく画面

何ページかあるこれらの質問に答えていくと、自動で書類を作ってくれます。

会計ソフトfreee(フリー)は、税法などの難しい選択肢がある場合は、それぞれどの選択肢にすればいいかわかりやすいよう、説明してくれます。

税法の説明が書かれている画面(タブですぐ出てきます。)

税法の説明が書かれている画面(タブですぐ出てきます。)

私はこの説明を読んで、「青色申告55万円控除」を選択しました。

これらの質問に全部答えると書類ができあがります。

実際の画像がこちらです。

青色申告承認申請書(実際に作成したもの)

青色申告承認申請書

ここで注目してほしいのは、赤枠部分です。

この赤枠部分は、青色申告に必要な書類を選択する必要があるのですが、どれを選択すればいいのか大多数の方はわかならいと思います。

ですが、会計ソフトfreeeでは、先程の55万円の控除を選択しただけで、必要な場所にチェックマークが自動で入ります。

赤枠拡大部分

赤枠拡大部分

会計ソフトfreeeでは税法の知識がなくてもこんなに簡単に書類が作れます。

加えて、この申請書の送り先と送り方まで記載されているので、とても助かります。

>> 会計ソフトfreee(フリー)の公式HPはこちらから

会計ソフトfreee(フリー)の特徴③
連携の自動化(自動入力・自動仕分)

会計ソフトfreee(フリー)では、通帳やクレジットカード、電子マネー、POSレジなどの様々なサービスと連携ができ、自動で仕訳してくれます。

その候補がこちら👇

連携できるもの(POSレジ)一部抜粋
連携できるもの(電子マネー)一部抜粋
連携できるもの(一部抜粋)

連携できるもの(一部抜粋)

連携できるもの(一部抜粋)

Amazonなどで消耗品を購入すれば、自動で連携⇒自動で入力してくれるので、すごく楽ですね。

領収書なども自動で読み取れますか?

もちろんできます。

やり方は簡単!

スマホで領収書を撮影すると、下記のような画面がでてきます。

スマホで撮影後自動仕分された画面

スマホで撮影後自動仕分された画面

この画面では、「旅費交通費」になっていますが、今回は「消耗品」の購入だったので修正します。

修正の仕方は赤枠のところをクリックして、出てきた候補のうち、「消耗品費」を選ぶだけです。

科目を選ぶ画面(スマホ画面)

科目を選ぶ画面(スマホ画面)

ここでも、会計ソフトfreeeが初心者に優しい機能を備えてくれています。

それは、赤枠部分です。

勘定科目がわからない人向けに、それぞれの勘定科目の説明文をつけてくれています。

これだけわかりやすければ、簿記がわからない人でも簡単に帳簿付けができますね。

\ 30日無料体験あり /

会計ソフトfreee公式HPはこちらから

会計ソフトfreee(フリー)の特徴④
請求書や経費・給与なども連携

会計ソフトfreee(フリー)でもマネーフォワードクラウド同様、請求書などが作れ、もちろん連携できます。

なんと、会計ソフトfreee(フリー)ではスマホでもサクサク請求書が作れちゃうんです。

マネーフォワードクラウドでは作れません。

スマホの請求書作成画面

スマホの請求書作成画面

ちょっといじくって、取引先を「ココナラ」にしましたが、もちろんココナラさんに請求するような仕事はしていません(;^ω^)

すべての項目を入力後、「発行」ボタンを押すと請求書が作成されます。(もちろん、連動もされます。)

 

会計ソフトfreee請求書サンプル

会計ソフトfreee請求書サンプル

会計ソフトfreee(フリー)の特徴⑤
ネット環境があればどこでも操作可能

会計ソフトfreee(フリー)でもマネーフォワードクラウド同様、ネット環境があればどこでも作業が可能です。※データ通信料はかかります

ただし、デメリットとして、ネット環境が悪い場合はフリーズする可能性があります。

会計ソフトfreee(フリー)の特徴⑥
完全無料でアップデート

会計ソフトfreee(フリー)でもマネーフォワードクラウド同様、法令改正や消費税の増税への対応、そして日々のサービス改善のためのアップデートがあっても無料で使えます。

また、インストール型の会計ソフトとは違い、わずらわしい再設定もいりません。

会計ソフトfreee(フリー)の特徴⑦
充実のサポート体制

会計ソフトfreee(フリー)では、メールやチャットなどのサポート体制があり、初心者でも安心してご利用いただけます。

また、利用プランにもよりますが、電話応対も可能です。

\ 30日無料体験あり /

会計ソフトfreee公式HPはこちらから

 

会計ソフトfreeeのメリット・デメリット

会計ソフトfreeeのメリット・デメリット

会計ソフトfreeeのメリット・デメリットは次のとおりです。

ここでは、私が使った使用感(レビュー)も含めて解説していきますね。 

会計ソフトfreeeのデメリット

まずは皆さんも気になるデメリットから。

  • 経理経験者からすると少し使いづらい
  • ネット環境に左右される
  • 電話での問い合わせができない

会計ソフトfreeeは、経理経験者からすると少し扱いづらいところがあります。

会計ソフトfreeeの仕訳方法は主に「質問形式」で、それに答えていくと仕訳ができるという、仕訳ができない人にとっては、神ソフトと言えます。

しかし、経理経験者からすると、仕訳した方が断然早いです。

また、データ取得形式で、仕訳が、

(現預金)-90,000円/(地代家賃)-90,000円

と、経理経験者からするとあり得ない仕訳になることもあるので、ちょっと戸惑います。(表現したいことはなんとなくわかるのですが、一瞬躊躇してしまいます。)

経理経験者の方は、マネーフォワードクラウドをおすすめします。

そして、ベテラン経理の方で、「マネーフォワードが使いづらいな」という方は、弥生会計をおすすめします。

私の個人的な意見は、

 です。(商品名をクリックすると公式HPにジャンプできます。)

 freeeも弥生会計もマネーフォワードクラウドも、短くても1ヶ月は無料で使えます。(弥生会計は2ヶ月無料で使えます。)

いろいろ試してから決めるのがおすすめです。

ネット環境に左右されるのは、クラウド型会計ソフトの宿命です。

私自身、そこは不便に感じたことはありませんが、申告書提出時期には「つながらない」ということもあったそうです。

早め早めの申告を心がけましょう。

 

会計ソフトfreeeのメリット

会計ソフトfreeeのメリットは以下のとおりです。

  • スマホ画面が充実!
  • 連携サービスある
  • 自動入力機能が優秀
  • 設定いらず
  • ネット環境さえあれば、どこでも作業できる

会計ソフトfreeeはスマホでの操作が抜群です。

会計ソフトfreeeのスマホトップ画面
会計ソフトfreeeのスマホトップ画面
会計ソフトfreeeのスマホトップ画面

画像左側がスマホTOP画面、画像右側がスマホメニュー画面です。
私が最後まで、会計ソフトfreeeをあきらめきれなかった理由がこのスマホ画面です。

仕訳がもう少し使いやすければ、「freeeで決まり!」だったのですが、ここは悔しいですね。

ただ、人によって感覚は違うと思うので、実際使って体感してみて下さい。

>> 30日無料!会計ソフトfreee(フリー)の公式HPはこちらから

\ 30日無料体験あり /

会計ソフトfreee公式HPはこちらから

連携については、マネーフォワードクラウドの方が連携できるものが多いですが、会計ソフトfreeeでも十分充実しています。

また、システムの更新も頻繁に行われており、システムも充実しています。

それらの更新や、法令等の更新時も、こちらで作業することがないので、特にPC設定が得意でない方にもおすすめです。

 

会計ソフトfreeeの料金体系

会計ソフトfreeeの料金体系

会計ソフトfreeeのは個人用と法人用でそれぞれ料金体系が違います。

会計ソフトfreee<個人用>料金体系

会計ソフトfreeeの料金体系個人用の料金体系を簡単に表にまとめました。(税込表示)

  スターター スタンダード プレミアム
月額料金
1,298円
2,618円
なし
年額料金
12,936円
26,136円
43,780円
確定申告書の作成
銀行・クレジットカードの自動取込
請求書作成
領収書の写真から自動入力
×

領収書の写真から自動仕分するには、スタンダードプランとプレミアムプランの選択が必要です。

(スタータープランでは5枚までしかできません。)

また、スタンダードプランやプレミアムプランでは、チャットサポートが優先されます。

その上、プレミアムプランでは、電話サポートも付いており、とても使い勝手がよくなっています。

各プランの詳細は次のとおりです。 

個人用プラン詳細

個人用プラン詳細

おすすめはスタンダードプランです。

>> まずは無料体験してみる

会計ソフトfreee<法人用>料金体系

会計ソフトfreee法人用の利用体系を簡単に表にまとめました。(税込表示)

  ミニマム ベーシック プロフェッショナル
月額料金
2,618円
5,258円
52,536円
年額料金
26,136円
52,536円
525,360円

各プランの詳細は次のとおりです。

法人用プラン詳細

法人用プラン詳細

 

会計ソフトfreee(フリー)の口コミ 

会計ソフトfreee(フリー)の口コミ

会計ソフトfreee(フリー)の口コミ

最期に、会計ソフトfreee(フリー)の口コミを見ていきましょう。

実は、マネーフォワードクラウド同様、会計ソフトfreee(フリー)も色々とシステムの更新がされています。

なので、古い口コミはあまり参考になりません。

この記事では、新しい口コミのみご紹介していきたいと思います。 

 

まとめ:会計ソフトfreeeは、スマホでの操作性抜群!初心者にやさしい反面、経理経験者には使いづらいかも・・・ 

会計ソフトfreeeのまとめ

会計ソフトfreeeの特徴は次のとおりでした。

✓ 会計ソフトfreee(フリー)の特徴
  1. 経理(仕訳)がわからなくても簡単に入力できる
  2. 質問に答えるだけで簡単に書類が作れる
  3. 連携の自動化(自動入力・自動仕分)
  4. 請求書や経費・給与なども連携
  5. ネット環境があればどこでも操作可能
  6. 完全無料でアップデート
  7. 充実のサポート体制

特にスマホ1つで、入力から残高照会、そして損益まで把握できるのはポイントが高いと思います。

そして、経理未経験者でも仕訳ができるように工夫されています。

その反面、経理経験者からすると、「ちょっと簿記の感覚と違うな?」と違和感を感じる人もいるかもしれません・・・。

感覚は人それぞれなので、ぜひ、体験して自分に合った会計ソフトを選んで下さい。

私の個人的な意見は、

 です。(商品名をクリックすると公式HPにジャンプできます。)

freeeも弥生会計もマネーフォワードクラウドも、短くても1ヶ月は無料で使えます。(弥生会計は2ヶ月無料で使えます。)

あとで後悔しないよう、無料期間にいろいろと試してみて下さい。

そして、会計ソフトfreeeさん、ぜひ、普通の仕訳ができる選択肢も与えてください。

願いが叶ったら、freeeにしたい(>_<)

\ 30日無料体験あり /

会計ソフトfreee公式HPはこちらから

自計化(自分で仕訳を入力すること)で、税理士費用も抑制できます。

会計ソフトfreeeなら、初心者でも簡単に自計化できますので、チャレンジしてみて下さいね。

※「税理士費用を下げたい!」とお考えの方は下記記事で詳しく説明しています。

🌷 参考記事 🌷