ぼく達の飼い主の【ポジティぶろぐ】

お金とペットの悩みを解決するブログ

ぼく達の飼い主の【ポジティぶろぐ】

\ おすすめ記事 /
スクロールできます

個人事業主の開業届作成|freeeとマネーフォワードクラウドを徹底比較

記事タイトル
 URLをコピー

個人事業主の開業届作成|freeeとマネーフォワードクラウドを徹底比較

開業届を作成するのに、freeeとマネーフォワードクラウドで悩んでます。
どんな違いがあるんですか?

この記事ではこんなお悩みを解決します。

先に結論!

freeeもマネーフォワードクラウドもどちらも開業届が簡単に作れて、評判も上々!
どちらで作っても大きな差はなし。
ただし、電子申告ができるのはfreeeのみ。

私は実際に今年、freeeとマネーフォワードクラウドの両方のソフトで開業届を作成しました。 

その使用感は、「簡単に作れて、どちらも甲乙つけがたい」ものでした。

結局、私はfreeeで開業届を提出しました。使用会計ソフトはマネーフォワードクラウドです。

このように別々のソフトでも不自由は全くありません。

【本記事の内容】
開業freeeとマネーフォワードクラウド開業の徹底比較

この記事を書いている人 -WRITER-

りん:FP(元税理士事務所勤務)

税金や社会保険などのわかりづらい内容を、できるだけわかりやすく説明しています。その他、アラフォーからチャレンジしているブログ運営や、ペットについても発信しています。

詳しいプロフィールはこちらから

 

【徹底比較】開業届作成ソフトfreeeとマネーフォワードクラウドの特徴は?

【徹底比較】開業届作成ソフトfreeeとマネーフォワードクラウドの特徴は?

開業届はfreeeとマネーフォワードのどちらでも無料で作ることができます。

私は実際に両方使ってみました。

freeeで実際に作った開業届
マネーフォワードで実際に作った開業届
実際に作った開業届(左:freee)(右:マネーフォワード)

両社とも、とても簡単に作れました。

その中でも、ちょっとした違いはありましたので、この記事ではその違いをお伝えしていきたいと思います。

freeeとマネーフォワードクラウドで共通して作成できる書類

freeeもマネーフォワードクラウドも質問に答えるだけで、開業届のほか、必要になる書類も一緒に作成できます。

なので、開業の際に必要な税務書類は全て準備することができます

✓ freeeとマネーフォワードクラウドで作成できる書類
  • 個人事業の開業・廃業届出書
  • 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
  • 給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書
  • 所得税の青色申告承認申請書
  • 青色事業専従者給与に関する届出・変更届出書

もちろん、すべて(控)も同時に作れます。

freeeとマネーフォワードクラウドの特徴を比較

共通して作成できる特徴のほか、下記のような特徴があります。

 
      Freee     
くわしく見る
 マネーフォワード 
くわしく見る
料金 無料 無料
対応OS Windows/Mac Windows/Mac
スマホでの入力
操作性
用語の解説 あり(多い) あり
電子申告 スマホのみOK ×
サポート(メール)
サポート(チャット) ×

比較表を見て頂くとわかるように、freeeとマネーフォワードクラウドの開業届については、どちらのソフトを選んでも機能面で大きな差はありません。

強いて言うなら、マネーフォワードクラウドよりfreeeの方が、(専門)用語や操作の説明が多く、全くの素人には優しい気がします。

ただし、その分、マネーフォワードクラウドのチャットサービスはリアルタイムに対応してもらえるので、何かわからないことがあっても、すぐに解決できる便利性はあります。(freeeのメールサービスは返信に3日程度かかります。)

また、電子申告が希望の場合は、freeeしか選択肢はありませんが、個人的には開業届は、直接持参するか郵送がおすすめです。

開業届作成ソフトfreeeの特徴

開業freeeは会計ソフトfreeeと同様、会計や税務に詳しくない人にも簡単に操作ができるよう工夫されています。

また、回答しないと次に進めないようになっているので、記入漏れも防げます。

初心者にはうれしい機能ですね。

この手軽さが口コミの良さにも表れていると思います。

開業freeeの特徴や詳しい操作方法、そして口コミは「【無料で簡単】開業freeeの評判・開業届の作成方法|青色申告も作成可」で記事にしています。)

>>開業freeeで開業届を作成する方はこちらから

開業届作成ソフトマネーフォワードクラウドの特徴

マネーフォワードクラウド開業届も会計や税務に詳しくない人にも簡単に操作ができるよう工夫されています。

ただし、どちらかというと開業freeeの方が、解説が丁寧だったり、選択肢が選べて回答しやすくなっています。

ただし、開業freeeは質問の回答に3日程度かかるのに対し、マネーフォワードクラウドは、営業時間内であれば、すぐに対応してくれるので便利です。(営業時間は、平日10:30~17:00です) 

また、マネーフォワードクラウド開業届も、回答しないと次に進めないようになっているので、記入漏れも防げて安心です。

この手軽さが口コミの良さにも表れていると思います。

マネーフォワードクラウド開業届の特徴や詳しい操作方法、そして口コミは「マネーフォワードクラウド開業届の口コミ【無料で簡単】開業届の作り方|青色申告も作成可」で記事にしています。)

>>マネーフォワード クラウドで開業届を作成する方はこちらから

 

まとめ:開業届はfreeeとマネーフォワードクラウドどちらでも簡単に作成可 

まとめ:開業届はfreeeとマネーフォワードクラウドどちらでも簡単に作成可

開業届は、freeeでもマネーフォワードクラウドでもどちらでも簡単に作れます。

ただし、押さえておきたい違いがあります。

 
      Freee     
くわしく見る
 マネーフォワード 
くわしく見る
料金 無料 無料
対応OS Windows/Mac Windows/Mac
スマホでの入力
操作性
用語の解説 あり(多い) あり
電子申告 スマホのみOK ×
サポート(メール)
サポート(チャット) ×

どうしてもどちらがいいかわからなければ、ご使用の会計ソフトと統一しましょう。

まだ、会計ソフトの導入がすんでいない方は 、この機会に会計ソフトの検討もしてしまいましょう。

会計ソフトについては、「【クラウド型会計ソフト徹底比較】個人事業主におすすめ|3選」で詳しく記事にしています。

おすすめクラウド型会計ソフト一覧

 

この他に、開業届を国税庁のHPからダウンロードして、自分で作ることももちろんできます。

その際は、「【質問に答えるだけ】個人事業主の開業届の書き方|注意点も解説」に書き方を詳しく記載しましたので、そちらを参考にして下さい。

また、どんなに簡単に作れると言っても、税務署への届出は公的文書です。

税理士さんに確定申告書を依頼すれば、開業届も書いてくれるので安心ですし、何より手間がかかりません。

税理士さんを決めていないようであれば、税理士さんにお願いしましょう。

税理士さんってどうやって探せばいいですか?

税理士を探す方法は「税理士の探し方5選【簡単解決】時間がなくても良い税理士を探せる方法も解説 」で記事にしています。

また、いい税理士を見つけるにもコツがあります。(くわしくは「失敗しない税理士の選び方|ダメな税理士の見分け方」で記事にしています。)

ただ、初めての方は、税理士探しも大変だと思いますので、こういった、税理士を探してくれるサービスを利用するのも1つの手です。

おすすめ税理士紹介会社(相談料すべて無料です)
 
税理士紹介エージェント

紹介される税理士は全て面談により厳しい審査(経験・知識・人柄)に合格済み
さらにHPが充実しているので一見の価値あり!(不安も解消されます)
<<詳しくは税理士紹介エージェント公式HPへ 

税理士ドットコム

登録税理士全国5,800名以上で、上場企業が運営している紹介会社なので安心!
>>詳しくは税理士ドットコム公式HP

税理士紹介ラボ

税理士も税理士を探している人も満足度が高い紹介会社
今なら1万円の商品券がもらえる!
<<詳しくは税理士紹介ラボ公式HPへ 

税理士紹介ネットワーク

所属税理士には独自の登録審査がある紹介会社
<<詳しくは税理士紹介ネットワーク公式HP

税理士紹介センタービスカス
税理士紹介のパイオニア  25年の信頼と実績あり

2~3か所に登録して税理士事務所を選ぶのがおすすめです。

 

口コミなど、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

🌷 参考記事 🌷
f:id:posiblo:20210814030852p:plain