ぼく達の飼い主の【ポジティぶろぐ】

お金とペットの悩みを解決するブログ

ぼく達の飼い主の【ポジティぶろぐ】

  あなたにぴったりの税理士の探し方は? 

【八王子警察署が猫を遺棄!】ノイちゃんは悔しい結末に・・・|経緯やその後の対応も随時記載

記事タイトル
 URLをコピー

【八王子署が猫を遺棄】その経緯とノイちゃんの行方は?

まずは今回の事件を知らない方のために、一連の経緯をざくりとお伝えします。

ノイちゃんが遺棄されその事実が発覚した経緯

2022.1.3112時頃 お散歩にでる
2022.1.31夕方  遺棄されたと誤解される
2022.1.31夕方  警察が保護
20221.31    ノイちゃんを警察に預けた方が、心配で「はちねこ」さんに連絡
2022.2.1 10時頃 警察署員により河川敷に遺棄される
2022.2.1 午前  「はちねこ」さんが八王子警察署にノイちゃんの確認の連絡を入れ、遺棄が発覚

詳しいお話しは本記事「目次」以降で記載しています。

今回のノイちゃんの事件は、知れば知るほど、悔し思いでいっぱいになりますが、それでも目を背けず見て頂きたいです。

ぜひ、最後まで読んでみて下さい。

 

↓ 以下、最新情報の更新事項です。(まずは「ノイちゃんが遺棄されてしまうまでの過程」を詳しく知りたい方は、左側の目次をクリックすれば、好きなところからお読みいただけます。)

 

※※2022年3月14日最新情報

飼い主さんが八王子警察署に告訴を行い受理されました!

次の難関は「立件」されるかです。

警察は私たち市民の模範となる存在。だからこそ、頼れる存在・・・。

間違ったことをしたら、きちんと反省し、対処すべきです。

違反や犯罪を取り締まり、市民が安心した生活をおくれるようお仕事してくれている警察自身が保身に走ってはいけません。

また、部下(個人)に罪をなすりつける「トカゲのしっぽ切り」も絶対にしてはいけません。

キチンとした原因究明と対策、そして、飼い主さんへの謝罪。

市民はキチンと見ています。(このツイートの「いいね」と「RT」の多さが物語っています。)

八王子警察署は、是非、信頼を取り戻してもらいたいものです。

八王子警察署の告訴については、動きがあり次第、この記事の一番下にある別記事で随時更新しています。ぜひ、そちらもご覧ください。

 

 

※※2022年3月16日情報

こちらのツイートでは、ノイちゃんについて衝撃的な事実が述べられていました・・・。

ほんの一部抜粋します。

3/15早朝、飼い主さんの元に警視庁からDNA鑑定の結果、ノイちゃんであるとことが判明したと連絡がありました
2/16夕方にノイちゃんと思われる遺体が発見されたことが飼い主さんとはちねこに連絡があり駆けつけたところ、そこにあったのはまるで何かで切断されたような猫の一部でした。その為、ノイちゃんと判断できず、DNA鑑定を行いました。~中略~
今まで何百人ものボランティアの方が捜索していたにも関わらず、いきなり2/16午後3時過ぎに捜査官と動物愛護の方により発見されました。普段、捜索している方が多く通る獣道の真ん中に、まるでわざと見せつけるために置いたかのようにでした~以下文章がつづく~

あまりにもショックで言葉にできません。

八王子近辺でねこを飼っている方は、くれぐれもお気を付けください。

今後もこの新事実についても警視庁の捜査は続くそうです。

ノイちゃんのために設置された献花台にはたくさんのお花とごはん、そして手作りの品が供えられていました。

※ノイちゃんの献花台は2022年4月1日をもって撤去されました。なお、お供え下さったお花やお手紙、おやつなどはノイちゃんの飼い主さんに引き取られたそうです。 

 

 

※※2022年4月11日情報

東京大学に検死して頂いた結果が出たそうです。

結果は、「自然死したのち、野生動物等により切断された」とのことでした。

ただし、発見された場所については不自然なため今後も捜査が行われるそうです。

先の報告で、「何かに切断されたような」とありましたが、これで「虐待」という事実はなくなったのかもしれません。

ノイちゃんが虐待の苦しみを味わなかったのは、せめてもの救いですが、本当にそれが事実なのか、私は疑問ではあります。

今後は警察の対応も注視していきたいと思います。

そして、こちらには、飼い主さまから、

  • ノイちゃんを探してくれた方
  • 心配してくれた方々

への感謝の気持ちも述べられています

さらには、飼い主さまより、はちねこさまへ寄付がされたようです。

ノイちゃんの飼い主様より、今回捜索していただいた皆様へのお礼メッセージを、はちねこのホームページで公開していただきたいとの事でお預かりいたしました。
また、飼い主様から保護活動にとご寄付をいただきました
しかし、ノイちゃんの捜索は当会だけではなく皆様からたくさんのご協力をいただきました。 そこで、いただいたご寄付を迷子になった猫がおうちに帰れるように願いをこめて「保護猫にマイクロチップ100匹分」の費用に充当したいと思います。 ~ 中略 ~ なお、ノイちゃんをご心配してくださった皆様の中で、現在保護し譲渡予定の猫に装着をお考えのかたはホームページまでお問い合わせ下さい。 尚、予算の都合上、先着順とさせていただきます。また、登録料についてはご負担をお願いいたします。(引用元:はちねこ様HP)

スポンサーリンク 

 

 

 

2月に入ったばかりの土曜日、Twitterで#凍死の恐れ という言葉がトレンド入りしました。

内容を確認すると、こんなツイートが・・・。

要約すると、「八王子警察署が保護した老猫を保健所に連絡せず遺棄した」という内容です。

遺棄された猫ちゃんの名前は、「ノイ」ちゃん(20歳)

この記事では、

ノイちゃんが遺棄されるまでのお話とその後

について記載しています。(随時更新中)

その前にお願いです。

この記事を執筆時点では、まだノイちゃんは見つかっていません。2022年2月16日、ノイちゃんらしき亡骸が見つかりました。

ですが、まだまだ、終わっていません。どんな情報でもいいので何かありましたら、「はちねこ」さんにご連絡よろしくお願い致します。

はちねこさんのHPはこちら!

 スポンサーリンク 

 

 

八王子警察署に遺棄された【ノイちゃん】の基本情報

上のちらしによると、ノイちゃんは、

  • キジトラの女の子(♀)20歳
  • 口まわりが白く、緑の目をもった美人さん
  • 長いしっぽ
  • 赤い首輪

が特徴です。

ただし、赤い首輪は2/4に遺棄現場近くで発見された模様で、今は「首輪なし」状態です。

ノイちゃんの飼い主は69歳の男性ということです。

この男性のお子さんと思われる方のツイートによると、ノイちゃんには発作の持病があるそうです。

主に室内飼いのねこちゃんだったことと、飼い主さんにかわいいがられていたからこそ、20歳になってもお外に行ける体力があったと思われます。

とは言え、猫にしたら相当、高齢なので、足が悪いそうです。

スポンサーリンク

 

 

ノイちゃんが八王子署に遺棄された経緯

ノイちゃんが八王子警察署に遺棄された経緯

こんなにかわいいノイちゃんがなぜ、八王子警察署に遺棄されてしまったのでしょうか。

ここではその経緯をTwitterやはちねこさんの情報より見ていきたいと思います。

遺棄された経緯①
お散歩に出てしまった

2022年1月31日午後12時頃、ノイちゃんはお散歩に出かけました。(一部情報では、おかあさんのゴミ出し中にいっしょにお外に出ていなくなったとの情報もあります。)

ノイちゃんは本来、完全室内飼いの猫ちゃんだったそうです。

ですが、一度、外に出てしまった際に、味をしめてしまったそうです。

それからは、時々、お外を満喫していたそうです。

一部Twitterで、この行為に非難の声が上がっていますが、それを今、一番後悔しているのは飼い主さんではないでしょうか?

私はノイちゃんを愛しているからこその行為なのでしょうがないと思います。

ただし、猫のお散歩は、迷い猫や交通事故、連れ去りなどのリスクもあると認識して判断することをおすすめします。

遺棄された経緯②
遺棄されたと勘違いされてしまった

同日(2022年1月31日)夕方、ノイちゃんを見かけた方が、ノイちゃんが車から降ろされ置いていかれた現場を目撃しました。

この行為を「猫の遺棄」と思い、近くにいた白バイ警官に通報しまいた。

後から判明したことですが、これは勘違いで、お散歩を楽しんでいたノイちゃんが、車通りの激しい所を歩いていたので、危ないと思ったドライバーが道の端によけてくれた行為でした。

ここからもノイちゃんのことを思った方々の温かい心遣いが裏面でてしまったことがうかがえます。

遺棄された経緯③
八王子署に保護されてしまった

捕獲されてしまった猫

これらの行為により、ノイちゃんは八王子警察署に保護されてしまいました。

それも、パトカーで発見された場所から距離のある八王子警察署に連れて行かれました。

保護の際には「1日~2日預かる」と言っていたそうです。(一部報道では、「2日~3日預かる」とあります。)

遺棄された経緯④
翌朝10時ノイちゃんは遺棄されてしまった

「1日~2日預かる」と言っていたのに、なんと、翌日朝には、八王子警察署のすぐ近くにある河川敷にノイちゃんは遺棄されてしまいました。

組織ぐるみなのか、担当者の独断なのか、また、どういった理由で遺棄したのかはまだ不明ですが、法を守るはずの警察官がどうしてこのような行動にでたのか不思議でなりません。

一部Twitterでは、「保健所に送られると殺処分になるので逃がしてあげたのでは?」というツイートがありますが、東京都では殺処分はないようです。

ただし、この東京都殺処分0の数字もカラクリがあると言われていますので何とも言えませんが・・・。

理由はどうであれ、

  • 保護時、「1日~2日預かる」と言っていたのに翌日の朝10時頃に遺棄した
  • 法を守るはずの警察が、普通に法を破る行為をしている

ことは明確です。

動物の遺棄は「犯罪」です。

八王子署は動物愛護法を知らないようなので、ここでは環境省のHPを掲載します。

動物愛護法(引用:環境省HP)

(引用:環境省HP)

環境省_虐待や遺棄の禁止 [動物の愛護と適切な管理] ⇦こちらのリンクで詳しく見ることができます。

スポンサーリンク

 

 

ノイちゃんが八王子署に遺棄された事実が発覚した経緯とその後

ノイちゃんが八王子警察署に遺棄された事実は発覚した経緯

ここでは、ノイちゃんの遺棄が発覚した経緯とその後についてお話ししましょう。

まずは、ノイちゃんが八王子警察署に遺棄された経緯から遺棄が発覚した経緯をまとめました。

ノイちゃんが遺棄されその事実が発覚した経緯

2022.1.3112時頃 お散歩にでる
2022.1.31夕方  遺棄されたと誤解される
2022.1.31夕方  警察が保護
20221.31    ノイちゃんを警察に預けた方が、心配で「はちねこ」さんに連絡
2022.2.1 10時頃 警察署員により河川敷に遺棄される
2022.2.1 午前  「はちねこ」さんが八王子警察署にノイちゃんの確認の連絡を入れ、遺棄が発覚

このように、本当に僅差で、ノイちゃんの行方がわからなくなってしまいました。

発覚の経緯を詳しく見てみると以下のとおりです。

遺棄発覚の経緯①
ノイちゃんを警察に預けた方が「はちねこ」さんに連絡

ノイちゃんを警察に預けた方が、その後のノイちゃんの処遇が心配になり、「はちねこ」さんに連絡を入れてくれました。

この行為がなければ、一生発覚しなかっと思うと、この方には感謝しかありません。

遺棄発覚の経緯②
連絡を受けた「はちねこ」さんが八王子署に確認の連絡

翌日、「はちねこ」さんが八王字警察署に連絡を取って下さったそうです。

その時には、すでにノイちゃんは遺棄された後でした。

「1日~2日は預かってくれる」と言っていたのに、その前に、遺棄してしまう警察署の考えが私にはよくわかりません。

しかも首輪付きのねこちゃんです。

ここからも、「常習化していたのではないか」と疑わざるを得ません。

これらの一連の経緯については「はちねこ」さんがツイートしてくれているので、そのツイートを掲載しておきます。

遺棄発覚後①
「はちねこ」さんたちによる必死の捜索

「はちねこ」さんが八王子警察署に出向き、一連の顛末を聞き、河川敷を探しましたが、その時は見つかりませんでした。

が、その時は見つかりませんでした。

しかしその後、2022年2月4日ノイちゃんの首輪だけが見つかりました

遺棄発覚後②
このことが新聞に掲載されTwitterのトレンドに!

将棋で有名な加藤一二三さんもツイートして下さっています。

私もここで、ノイちゃんのことを知りました。

遺棄発覚後③
色々な方がノイちゃんの捜索に参加!

このニュースを見て、心を痛めた方々がノイちゃんの捜索に参加して下さいました。

土日で延べ400人の方が捜索して下さったようです。(その後の捜索も含めると延べ1000人の方が捜索して下さっています。)

この他にも、八王子の有志団体さんが多くの参加者を集めて捜索して下さっていますが、なぜかその捜索状況のツイートが全て削除されてしまっていました。(何かあったのでしょうか?)

遺棄発覚後④
多くの方が個別に捜索して下さっていますが見つからず・・・

土日の大規模な捜索にも関わらず、ノイちゃんは見つかっていません。

2月7日以降は、平日ということもあり、大規模な捜索は行われていませんが、個人的に捜索して下さっている方が状況をツイートして下さっています。

そのほんの一部を掲載します。

とてもありがたいですね。

2月10日は雪が降る見込みです。

寒さをしのげるかとても心配です。

遺棄発覚後⑤
ノイちゃんとみられる亡骸が見つかる⇒その後、非常に悔しい事実も発覚!

2月16日、八王子警察署の遺棄現場近くで、ノイちゃんの亡骸と思われる遺体が見つかりました・・・。

この捜索で、2匹の猫ちゃんの亡骸が見つかったそうです。

その内の1匹がノイちゃんということです。

ノイちゃんの最新情報(引用:はちねこ)

引用:はちねこ様

その数時間前、気になるツイートがありました。

こちらのツイートは削除されてしまいました。(下記にツイートを引用しました。)

ノイちゃんの情報かわかんないけど、今警察官10人くらいがいっせいに浅川の河川敷を捜索してる
 中央辺りでチカチカ動いている光全部警察官。どうした⁉️
 あとそこ昼俺も見たけどくっつき虫やばいよ大丈夫か?

このツイートを見て、嫌な予感しかしなかったのですが、現実になってしまいました。

見つかった亡骸がノイちゃんだと、飼い主さんとはちねこさんが確認したそうです。

とは言え、今、警察で

  • DNA鑑定
  • 捜査

が行われているようです。(警察側もDNAの鑑定結果が出ていないので「ノイちゃんと断定」したわけではない様子です。)⇒鑑定の結果、ノイちゃんと断定されました。(また新事実も公表されました。詳細は冒頭に記載したとおりです。)

警察がこの失態を挽回するには、キチンとした捜査、そして情報開示が最低限の義務になります。

ノイちゃんの亡骸が見つかったと言われる場所にはたくさんの花束が添えられています。

ノイちゃんへのお供え(引用:下記ツイートより)

ノイちゃんへのお供え(引用:下記ツイートより)

遺棄発覚後⑥
八王子警察署のHPにコメントが掲載される

2022年2月24日夜、八王子警察署のHPに下記コメントが掲載されました。

当署における猫の取扱いについて
1月31日午後、一般の方からの通報により当署が保護した猫を、翌2月1日午前、当署員が飼い主の調査が不十分なまま河川敷に放したという事案がありました。
今回の事案は、当初「車の窓から猫が捨てられた(結果的にそのような事案は確認されませんでした。)」と聞き及んだ当署会計課員が、「捨てられた猫」であると思い込み、保健所をはじめとする関係機関に連絡することなく、飼い主の調査も不十分なまま、拾得物としての扱いをせず、早期に猫を放してしまったことが原因です。
飼い主の方及び本件に携わった方々に深くお詫び申し上げます。
当署といたしましては、今回と同様の事案を二度と繰り返さないよう、保健所等関係機関との連絡を密にするとともに、署員に対し、動物愛護の精神の涵養に努め、適正な取扱いに資するよう、指導の徹底を図ってまいります。(引用:八王子警察署 当署における猫の取扱いについて 警視庁

このコメントには事実が違っていたり、自ら「遺棄しました」というような内容を書きつつ、「遺棄」という言葉を避けていたりと突っ込みどころが満載です。

そもそも、遺棄された猫(勘違いですが)は、警察が遺棄をしてもいいということでしょうか?

「早期に猫を放した」は「遺棄」とは言わないのか不思議です。

まして、都民の善意によって預けられた猫を、飼い主がいようといまいと、正規の手続きを踏まず、真冬の雨風をしのげる場所がない河川敷に放つことに、何も疑問がわかないのか不思議です。

ネット上では、遺棄した方を非難するツイートも多いですが、私は、個人の問題ではなく、組織の問題だと思っています。

警察という組織で個人でこのような行動を取ることは難しいと思っています。

つまり、こういったことが常習化されていたということも疑わざるを得ません。

今後も八王子警察署より正式な発表があると思います。

スポンサーリンク

 

 

そもそも飼い主さんは探しているの?

そもそも飼い主さんは探しているの?

もちろん、飼い主さんも懸命に探していらっしゃいます。

20年も一緒に過ごした猫さんです。探さない訳ないですよね。

飼い主さんは、独自でポスターを作成し探していました。

また、飼い主さんのお子さんと思われる方が、ノイちゃんを心配しているツイートをされていましたが、今はアカウントが限定の方しか見れない状態です。

SNS上には、外に出した飼い主さんへの心無いバッシングもあるのでしょうがないですね。

今は「はちねこ」さんと連絡を取り合って対応されています。

2022年2月18日、ノイちゃんの飼い主のお子さんがノイちゃんについてコメントされました。

ノイちゃんの件について、一部、心ない誹謗中傷もあり、今はTwitterに鍵をかけていらっしゃいますが、一時的に開放してくれました。

まずはノイちゃんのありし姿、ご覧ください。(Twitterに鍵をかけられてしまったら見れなくなってしまう可能性ありです。)すでに鍵がかかってしまい動画は見れない状態です。

(動画の内容は、ノイちゃんが出窓からテレビ台にゆっくり下りてくるかわいい映像でした。)

次に、ノイちゃんとの思いでのツイートをスクショしましたのでご紹介します。 (クリックすると画像が拡大します。)

飼い主さんのお子さんが語ったノイちゃんとの思い出
飼い主さんのお子さんが語ったノイちゃんとの思い出
飼い主さんのお子さんが語ったノイちゃんとの思い出
飼い主さんのお子さんが語ったノイちゃんとの思い出

飼い主さんのお子さんが語ったノイちゃんとの思い出

ツイートを見ると、ノイちゃんへの愛情がいっぱい伝わってきます。

そして、ノイちゃんを気にかけて下さった方へのお礼のツイートをご紹介します。

ノイちゃんを気にかけて下さった方へのお礼のツイート
ノイちゃんを気にかけて下さった方へのお礼のツイート

これらのツイートを読んでみても、ノイちゃんがどれだけ愛されていたかよくわかりますね。

Twitter上での反応は、ほとんどがノイちゃんや飼い主さんの心配など、心温まるツイートですが、誹謗中傷もツイート上では容赦なくタイムラインに流れてきます。

はっきり言います!

今回の出来事で悪いのは、八王子警察署の「行為」だけです。

八王子警察署が正規の手順を踏んでいてくれさえすれば「救えた命」です。

警察も忙しいでしょう。

とは言え、最低限の手順を踏んでくれれば、ノイちゃんの命は守れていた・・・。

当日、ノイちゃんと出会った人々の「好意」が最高の結果に結びつくはずだった・・・。

そう思うと悔しくてたまりません。

たくさんの方が一生懸命に探して下さっていました。

もし、ノイちゃんについての情報をお持ちの方は、「はちねこ」さんにご連絡よろしくお願い致します。

頂いた情報が、結果、間違いだった場合でもとてもありがたいものです。

ぜひ、よろしくお願いいたします。

今回の件ではっきりしたことは、「警察もあてにならない」ということ。

できればペットは完全室内飼いに!

とは言え、ペットが迷子になったり、外に出てしまって帰りが遅くなったりしたら、すぐにでもペットを探してあげて下さい。

八王子警察署の間違った対応の再発防止のため、また、ノイちゃんをひどい目にあわせた犯人逮捕のため、この件について注目している方が非常に多いです。

八王子警察署の告訴については、動きがあり次第、下記記事で随時更新しています。ぜひ、そちらもご覧ください。