ぼく達の飼い主の【ポジティぶろぐ】

お金とペットの悩みを解決するブログ

ぼく達の飼い主の【ポジティぶろぐ】

  あなたにぴったりの税理士の探し方は? 

任意保険に入らないのはクズ【未加入の末路は悲惨】「入らない方が得」は噓

記事タイトル
 URLをコピー

記事タイトルとURLをコピー
当サイトにはプロモーションが含まれています
当サイトは広告を掲載している場合があります。消費者庁が問題としている「誇大な広告や表現」とならないよう配慮してコンテンツを制作しておりますので安心して下さい。万が一、不適切な表現など見つけられましたらお問い合わせフォームからご連絡いただけると幸いです。

【任意保険に入らないのはクズ!?】任意保険の必要性と未加入者の末路も記載

任意保険って必要ですか?
自賠責保険があるから、掛け捨てになる任意保険には入らない方が得では?

本記事ではこんな疑問にお答えします。

まずは結論ですが、

自分が「被害者」になろうが、「加害者」になろうが、任意保険は必須!
ひとたび交通事故に会えば、多額のお金が必要になり、自賠責保険だけでは到底足りません・・・

 

特に昨今では高齢者の自動車事故も多発しています。

実は、交通事故の慰謝料も相続財産になり、自分の死後、払い終えていない慰謝料は相続人が引き継ぎます

中には、「自己破産をすればいいのでは?」と考えている方もいますが、交通事故の慰謝料は自己破産しても支払い義務が免除されないことがあります

万が一、自分が被害者になった場合、加害者側が自賠責保険にしか入っていなければすずめの涙しか保険金がもらえず、泣き寝入りすることも・・・

そうならない為にも任意保険の加入は必須ですが、任意保険の重要性が想像つきづらい人も多いのではないでしょうか。

掛け捨ての保険料も払う必要が出てくることから、つい面倒で「任意保険には入らない方が得かも」と感じてしまうものです。

そこで、本記事では、

  • 自賠責保険と任意保険の違い
  • 交通事故慰謝料の算定基準
  • 任意保険未加入のリスク
  • 任意保険未加入者が「加害者」や「被害者」になってしまった方の行く末
  • 任意保険に少しでも安く加入する方法

を、詳しく解説しいています。

 

本記事はこんな人におすすめ
  • そもそも自動車保険の仕組みを知らない人
  • 自賠責保険と任意保険の違いがわからない人
  • 加害者になったときにどうなるのかわからない人
  • 被害者になったときに補償がきちんともらえるか不安な人
  • 少しでも安く任意保険に加入する方法が知りたい人

 

私が税理士事務所で働いていたとき、お客様が

  • 被害者になってしまった方(死亡事故)
  • 加害者になってしまった方(後遺障害)

のケースを経験しました。

そのどちらの方も運悪く任意保険に加入していないという最悪の事態に・・・。

本記事では、その方たちがどうなったのかも記載し、任意保険の必要性をわかりやすく解説しています。

この記事を書いている人 -WRITER-

りん:FP(元税理士事務所勤務)

税金や社会保険などのわかりづらい内容を、できるだけわかりやすく説明しています。その他、アラフォーからチャレンジしているブログ運営や、ペットについても発信しています。

詳しいプロフィールはこちらから

 

 

 

 

自賠責保険と任意保険の違いとその特徴(補償内容)

自賠責保険と任意保険の違いとその特徴(補償内容)

自動車の保険には、

  • 自動車損害賠償責任保険(強制加入)
  • 自動車保険(任意加入)

の2種類があります。

この2種類の保険や補償内容をキチンと把握している人も少ないのではないでしょうか?

あとで、「入っておけば良かった・・・」と後悔しないためにも、まずはこの2つの保険の違いと特徴を確認していきましょう。

自動車損害賠償責任保険(通称:自賠責保険)|強制加入

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)

車の購入時や車検時に、強制的に加入させられるのが「自賠責保険」です。

自賠責保険の正式名称は、「動車損害保険」といい、一般的には、赤字部分を切り取って、「自賠責保険」といいます。

自賠責保険の特徴は以下のとおりです。

✓自賠責保険の特徴
  • 加入が強制される
  • 補償の範囲は「対人」のみ
  • 示談交渉はしてもらえない
  • 最高補償額が少ない

1つ1つ見ていきましょう。

加入が強制される

自賠責保険は、すべての自動車やバイクに加入が義務化され、強制的に加入させられる保険です。

自動車購入時や車検時に自賠責保険の加入手続きがされています。

補償範囲は「対人」のみ

自賠責保険の目的は、「自動車事故の被害者救済」なので、補償は「対人」のみです。

例え「人」でも、加害者は、被害者ではないので補償されません

例えば、自転車に乗っている人を避けようとしてハンドルを切って電柱にぶつかり、車は大破、被害者も加害者である自分自身も大けがをした場合を思い浮かべて下さい。

この場合、被害者と加害者の治療費や自転車と車、電柱の修理代がかかりますが、自賠責保険では、被害者のケガに対する慰謝料しか補償されません。

自賠責保険の補償の対象は、被害者のケガや後遺症、死亡などの慰謝料のみ

示談交渉はしてもらえない

任意保険では、加入している自動車保険会社が示談交渉をしてくれますが、自賠責保険では示談交渉はしてもらえません

よって、任意保険に加入しいていない場合は、慰謝料などの交渉は自分でする必要があります。

最高補償額が少ない

自賠責保険が補償してくれる最高額は非常に少ないです。

自賠責保険の最高補償額(1人につき)
  • 傷害・・・120万円まで
  • 後遺障害・・・4,000万円まで
  • 死亡・・・3,000万円まで

あれ?意外に補償額多くないですか?

後で記載しますが、実際に慰謝料などを払えば、この金額では全然足りません・・・。

注意!上記金額はあくまで「最高」補償金額ですが、実際はもっと高額な慰謝料を請求されることがほとんどです。

自動車保険(通称:任意保険)|加入は任意

自動車保険(任意保険)

自動車保険の特徴は以下のとおりです。

✓自動車保険の特徴
  • 加入は任意
  • 補償の範囲は「対人」・「対物」・「人身傷害」・「車両保険」など広い
  • 示談交渉も行ってくれる
  • 最高補償額が大きい

 

このように、自動車保険(任意保険)の加入は任意ですが、自賠責保険では補償しきれない損害をカバーしています。

それでは1つ1つ見ていきましょう。

加入は任意

自動車保険の加入は「任意」になっています。

つまり、新車購入時や車検時では手続きされていないので、別途、自分で手続きする必要があります

補償範囲は「対人」・「対物」・「人身傷害」・「車両保険」など広い

補償範囲は広く、補償額など自分でカスタマイズ(選択)できます。

自賠責保険との違いを表にしてみました。

 
 被害者への補償 
 自分への補償 
   相手との交渉   
 
車・モノ
車・モノ
(示談交渉)
自賠責保険
任意保険

 対人賠償 



 対物賠償 



人身傷害
搭乗者傷害
など

 車両保険 






このように、任意保険は手厚い補償が付いています。

示談交渉もしてくれる

自賠責保険は被害者との示談交渉は自分でしなければなりませんでしたが、任意保険では被害者との示談交渉も行ってくれます。

当事者同士の話し合いでは、感情論になったりするので、かなり強いストレスを感じます。

また、専門家ではないので、相場もわかりません。

そういう手間を考えても任意保険はとてもありがたい保険です。

最高補償額が大きい

任意保険が補償してくれる額は、自賠責保険よりも手厚いです。

次章でお話ししますが、被害者への補償は自賠責保険の補償よりもはるかに大きくなることが多いのが現状です。

とてもその差額を自腹で払うことはできません。

そういったことも含めて、任意保険は必須になってきます。

でも任意保険に加入すると保険料がかかりますよね・・・。

もちろん保険料がかかりますが、一括見積もりすることで保険料の比較ができ、結果、保険料を下げることができます。

補償に対する保険料は会社により違います。

自分が必要としている補償に、少しでも安く加入するには、自動車保険一括見積もりが効果的です。

\無料で見積もり!/

  • 簡単3ステップ
  • 最大17社の見積もりが可能
  • 5万円以上も安くなった人も!(平均3万5千円)

 

「保険スクエアbang!」自動車保険一括見積もりへ

※今、当サイト経由で見積もりすると、無料で「交通事故時の弁護士相談サービス」をプレゼント!
(詳しいサービス内容については上記HPで確認して下さい。)

【関連記事】自動車保険一括見積もりの失敗しない活用方法  

 

【自賠責保険だけじゃ足りない】慰謝料の算定基準は3つある

自賠責保険だけじゃ足りない!|慰謝料の算定方法は3つある

交通事故の慰謝料を決める基準は、

  • 自賠責基準
  • 任意保険基準
  • 弁護士基準

と3つの基準があります。

自動車事故の慰謝料の3つの算定基準(自賠責保険基準・任意保険基準・弁護士基準)をイメージした画像

上の図のように自賠責基準よりも任意保険基準の方が(若干ですが)慰謝料が高くなります。

相手方が弁護士を雇えば、弁護士は弁護士基準で慰謝料を算定し、任意保険基準よりも慰謝料が高くなります。

 それでは1つ1つ見ていきましょう。

自賠責基準

自賠責基準

自賠責基準とは政令で定められた一定の保険金の限度額の範囲内で支払うものです。(参考:限度額と保障内容(国土交通省)

加害者が任意保険に入っていなければ、被害者は自賠責保険に慰謝料を請求します。

ただし、自賠責基準の金額では被害者としては到底納得できるものではありません。

よって、被害者は加害者自身に足りない慰謝料を請求します。

通常、これらの交渉は激化します。

例え、お金がなくても請求は可能で、請求が確定すれば、自己破産をしてもその支払義務は消えません。

万が一、加害者が亡くなっても、その支払い義務は負の相続財産になってしまいます。

被害者側が任意保険に入っていれば、その保険会社さんと交渉することもありますし、被害者側が弁護士を雇うことも考えられます。

後述しますが、被害者側は弁護士費用を払ってでも示談交渉した方が慰謝料がより多く手に入る可能性が高くなります。

膨大な慰謝料を払えない人は、ご自身で任意保険に加入しておくことをおすすめします。

任意保険では、膨大な慰謝料を賄うだけでなく、「弁護士特約」を付けることで、弁護士に委任したり相談したりした場合の費用について補償してもらうことができます。

当ブログを経由して自動車保険の一括見積もりサイトを利用すると、無料で「交通事故時の弁護士相談サービス」が受けられるます。

\無料で見積もり!/

  • 簡単3ステップ
  • 最大17社の見積もりが可能
  • 5万円以上も安くなった人も!(平均3万5千円)

 

「保険スクエアbang!」自動車保険一括見積もりへ

※今、当サイト経由で見積もりすると、無料で「交通事故時の弁護士相談サービス」をプレゼント!
(詳しいサービス内容については上記HPで確認して下さい。)

是非、活用してみて下さいね。

また、自動車保険の中に無保険車傷害保険というのもあります。

無保険車傷害保険(特約)とは、加害者が自動車保険に入っていない場合で、無保険車の加害者が負担すべき保険金を、自分が任意保険を契約している自動車保険会社が払ってくれる保険(特約)です。(ただし、事故により死亡または後遺障害を被られた場合に限られます。(参考:無保険車傷害特約とは | 自動車保険の三井ダイレクト損保))

このように、相手が自賠責保険にしか入っていない場合に補償してくれる特約もあります。
一括見積もりサイトを活用する際に確認して下さいね。

任意保険基準

任意保険基準

任意保険基準とは、示談交渉で相手方の任意保険会社が提示してくる慰謝料の算定基準です。

この基準は自動車保険会社によって違います。(以前は統一した基準がありましたが今は廃止されました。)

算定基準は公表されていませんが、自賠責基準よりも高くなります。

交通事故の示談交渉は相手方の任意保険会社による示談金提示から始まります。

このとき提示される慰謝料額は、任意保険基準に基づいて算定されていますが、被害者側からすれば、「正直この提示額でも足りない(少ない)」と思うような金額になります。

不服であれば、弁護士に相談するのがいいでしょう。

弁護士基準

弁護士基準

弁護士基準とは、過去の裁判例を基に設定された基準です。(その為、「裁判基準」とも言われます。)

弁護士基準は、弁護士に依頼した場合や裁判になった場合に算定される基準で、自賠責基準や任意保険基準で算定した場合よりもかなり高額な慰謝料金額となります。

通常、弁護士に依頼すると弁護士費用も発生しますが、その費用を上回る慰謝料の増額が見込めるため、弁護士への依頼のハードルは低く、今では弁護士基準での慰謝料の支払いが多くなってきています。

弁護士特約を付ければ、弁護士費用の負担も軽減され、負担が少なくなります。

当ブログを経由して自動車保険一括見積もりサイトを利用すれば、その弁護士特約が0円で付けられます

\無料で見積もり!/

  • 簡単3ステップ
  • 最大17社の見積もりが可能
  • 5万円以上も安くなった人も!(平均3万5千円)

 

「保険スクエアbang!」自動車保険一括見積もりへ

※今、当サイト経由で見積もりすると、無料で「交通事故時の弁護士相談サービス」をプレゼント!
(詳しいサービス内容については上記HPで確認して下さい。)

 

 

 

【任意保険に入らない方が得?】自動車保険(任意保険)の加入率と未加入のリスク(デメリット)

自動車保険(任意保険)の加入率

まずは、「任意保険に入らない方が得」なのか見ていきたいと思います。

任意保険の加入率

そもそも、皆さん、どの位の割合で任意保険に加入しているのでしょうか?

任意保険加入率表(引用

任意保険加入率表(引用:自動車保険の概況|損害保険料率算出機構

上の表を見てみると、任意保険の加入率がおよそ75%前後と比較的高いようにも思います。

ですが、加入していない方もある一定数いますね。

任意保険の加入率がいくら高くても、自分が被害者になったときに、その相手が任意保険未加入者の可能性が25%前後。

「1/4の確率で任意保険未加入の加害者に当たる」と考えるとあまり安心できる数字ではないと思います。

任意保険未加入のリスク(デメリット)

次に、任意保険未加入のリスク(デメリット)から、「任意保険は入らない方が得」なのか見ていきましょう。

任意保険未加入のデメリット①
高額の慰謝料に対応できない

自動車事故の慰謝料は高額になることがほとんどです。

高額損害事例(引用:損保ジャパン)

高額損害事例(引用:損保ジャパン

通常、慰謝料は被害者が、年収が高ければ高いほど、若ければ若いほど、高額になります。

自賠責保険の死亡の補償最高金額が3,000万円なので、とてもじゃないけど賄えません。

任意保険未加入のデメリット②
対人以外は補償されない

自賠責保険の補償の範囲は、「被害者のケガや死亡の補償のみ」です。

一方、交通事故になれば、

  • 被害者の車などの「モノ」
  • 加害者である自分自身のケガ
  • 加害者である自分自身の「モノ」
  • 同乗者のケガや死亡
  • 公共物など

への補償(慰謝料)が必要になりますが、これらは、自賠責保険の補償の対象外となります。

つまり、任意保険に入っていない人は、すべて自腹で払う必要がでてくるのです。

任意保険未加入のデメリット③
相手が自賠責保険に入っていない場合、十分な慰謝料がもらえない可能性も

では、相手が自賠責保険に入っていない場合はどうなるでしょう。

相手の支払能力によっては、十分な慰謝料をもらえないこともあります。

弁護士を雇って、多くの慰謝料を請求できたとしても、相手側に支払う能力がなければ、お金はすぐに手元には入りません。

加害者側が自己破産や、慰謝料が相続対象になったとしても、慰謝料をもらう権利は残りますが、支払ってもらう時間はさらにかかるでしょう。

ですが、被害者であっても自分自身が任意保険に入っていれば、自身の任意保険から慰謝料を払ってもらうこともできます

「任意保険に入らない方が得か?」の結論|絶対に損!

任意保険に入らないデメリットは、

  • 高額の慰謝料に対応できない
  • 対人以外は補償されない
  • 相手が自賠責保険に入っていない場合、十分な慰謝料がもらえない

とデメリットが多く、ひとたび、交通事故に合えば、十分な補償がもらえません。

交通事故は、出会い頭の事故やすれ違いの事故など、車の破損だけですむことも、かなりの確率で日々起きています。

自賠責保険の補償の範囲は、「対人のみ」で、「対物は含まれない」のです。

つまり、任意保険に入っていなければ、自分の車も相手方の車もすべて自腹で修理代を払う必要があります。

もちろん、相手側が代車を使えば代車代も支払う必要があります。

相手側が車が使えないことで営業に支障がでればその補償も必要になります。

これらはすべて、自賠責保険では賄えません。

任意保険は確かに掛け捨ての保険料はかかりますが、こうした非常時に備えるべき保険です。

【関連記事】「必要な保険は3つだけ」では危険!|最低限入っておくべき保険をFPがわかりやすく解説

任意保険加入にはもちろん保険料負担がかかりますが、自動車一括見積もりをすることで、保険料を安く抑えることができます。

\無料で見積もり!/

  • 簡単3ステップ
  • 最大17社の見積もりが可能
  • 5万円以上も安くなった人も!(平均3万5千円)

 

「保険スクエアbang!」自動車保険一括見積もりへ

※今、当サイト経由で見積もりすると、無料で「交通事故時の弁護士相談サービス」をプレゼント!
(詳しいサービス内容については上記HPで確認して下さい。)

さらに一括見積もりで補償内容を見直せばもっとお得になることもあります。

【関連記事】車両保険を外すタイミングは?|保険料を安くする方法も解説! 

次章以降で、自賠責保険と任意保険についてさらに詳しく見ていきます。
事故の補償についても詳しく解説しているのでぜひ読み進めてみて下さいね。

 

任意保険未加入者の末路

任意保険未加入者の末路

実は本記事で一番伝えたい内容が本章です。

自賠責保険にしか入っていない人の末路はあまりイメージがわかないかと思いますが、ひとたび交通事故に会うと被害者のみならず加害者も悲惨な未来が待ち受けています。

そこで本章では、私が税理士事務所でお会いした、任意保険未加入者の「加害者」と「被害者」の末路をご紹介したいと思います。

任意保険未加入だった加害者の末路|相続で家族に迷惑も・・・

加害者が任意保険未加入だった場合の末路|相続で家族に迷惑も・・・

加害者が任意保険に入っていない場合、任意保険基準もしくは弁護士基準で慰謝料を算定されると、自賠責保険からでる保険金だけでは到底足りず、お金を工面しなければなりません。

それができなければ、話し合いで分割払いなどの手段もありますが、慰謝料が高ければ長い年月分割で払い続ける必要があります。

ここで、税理士事務所のお客様であったAさんのお話しをしたいと思います。

Aさんは商店街で飲食店を代々経営している方です。

そのAさんは、毎月一定額の慰謝料を事故の被害者に振込をしていました。

実は事故を起こしたのは、Aさんではなく、Aさんの父親。

晩年、事故を起こし、慰謝料の支払いを残して亡くなりました。

慰謝料は相続財産です。

「事故を起こした加害者が亡くなったらそれで終わり」ではなく、しっかり相続人に引き継がれるマイナスの財産です。

年金暮らしのお年寄りは、任意保険に入っていない方も見受けられますが、万が一、事故を起こしてしまった場合は、慰謝料も相続財産になるということをキチンと理解し、加入を検討しましょう。

加害者だけでなく被害者も任意保険未加入だった場合の被害者の末路|泣き寝入りの可能性も・・・

被害者が任意保険未加入だった場合の末路|泣き寝入りの可能性も・・・

加害者だけでなく、被害者も任意保険に未加入だった場合も危険です。

被害者側は慰謝料をもうら側だから保険は関係ないのではないですか?

実は被害者側の方が事故時は任意保険のありがたさを感じるかもしれません。

ある日、事故にあって重度な障害がある状態になったとしましょう。

相手側(加害者側)が自賠責保険にしか入っていない場合は、自賠責基準でしか慰謝料がもらえません。

はっきりいいます。

自賠責基準ではかなり低く、精神的にも金銭的にも満足いくものにはなりません。

「弁護士費用を払ってでも、弁護士にお願いすれば実質、慰謝料は増える」って話なので弁護士に依頼すればいいですよね?

もちろん、弁護士基準にそった慰謝料をもらえる権利を勝ち取ることはできますが、実際にキチンと慰謝料を払ってもらえないケースもあるんです。

そもそも金銭的理由で任意保険に入っていない加害者の場合は、慰謝料を請求しても払ってもらえないことも・・・。

え?話し合いで慰謝料の支払いの合意があれば払ってもらえるんじゃないんですか?

慰謝料の合意があっても、実際にお金がなければ払えないですよね・・・。

そうなんです。

お金がない場合は払えません。

その場合は、資産の差し押さえ請求などを起こす必要があります。

そもそも、その資産もなければ・・・。

と、被害者と言えども、自動車事故では自己防衛策も必要になってきます。

その防衛策の1つに、自分の任意保険で補償してもらう方法があります。

たとえば、「無保険車傷害保険」に入っていれば慰謝料を受け取ることができる場合があります。

\無料で見積もり!/

  • 簡単3ステップ
  • 最大17社の見積もりが可能
  • 5万円以上も安くなった人も!(平均3万5千円)

 

「保険スクエアbang!」自動車保険一括見積もりへ

※今、当サイト経由で見積もりすると、無料で「交通事故時の弁護士相談サービス」をプレゼント!
(詳しいサービス内容については上記HPで確認して下さい。)

一括見積もりの際に、加害者に慰謝料を払う能力がない場合の補償も合わせて相談してみましょう。

自動車保険で補えないような補償は、生命保険や損害保険で補う必要が出てきます。

特に「お子さんが小さい」などのお金が必要な時期だけでも手厚い保障(補償)の準備が必要です。

自動車保険と合わせて保障(補償)をトータルで検討するのも全体的な保険料を下げる手段になります。

保険をトータルで検討するには、専門性の高いFPが多く所属しているマネードクターがおすすめです。

マネードクター公式HPへ

<公式>マネードクター

 

 

 

任意保険加入のメリット

任意保険のメリット

最後に、任意保険加入のメリットをまとめました。

任意保険加入のメリット
  • 被害者以外(自分自身やモノなど)の補償も受けられる
  • 高額の慰謝料にも対応できる
  • 自分にあった補償を組み合わせできる
  • 事故後の対応をスムーズに行うことができる
  • ひき逃げにあったときも補償してもらえる

本章では、説明しきれなかった、2つのメリットを解説します。

まず1つは、「事故後の対応をスムーズに行うことができる」メリットです。

交通事故が起きると、警察へ電話したり、必要なときは救急車を呼んだり、自動車保険に連絡、さらにはレッカーの手配や宿泊先の手配など多岐にわたります。

自賠責保険のみでは、これらすべてを自分で行う必要がありますが、任意保険に入っていれば、(契約によりますが)保険会社がすべて手配してくれます。

事故を起こした直後は、ほとんどすべての方が冷静ではいられません。

そのようなときに、このサービスはとても助かります。

一部の保険会社では、車が事故を察知すると、保険会社の方から連絡が来て、現状を確認してくれます。

必要があれば、被害者と直接お話もしてくれて、事故直後でも被害者に対して誠意をもって対応することができます。

いざと言うときのために、事故対応の補償は必ず付けておきましょう。

2つ目ですが、「ひき逃げにあったときの対応もしてくれる」メリットがあります。

通常、ひき逃げに合うと、加害者が特定されるまで、自賠責保険さえも適用されません。

その場合は、政府保障事業からお金を受け取れる可能性がありますが、補償金額は自賠責保険同様十分ではありません。

ですが、任意保険の「無保険車傷害保険」に入っていれば、加害者が任意保険に加入していない場合のみならず、ひき逃げで加害者が不明な場合も限度額まで補償されます。

限度額も保険会社により違いますが、億単位のところが多いので、できれば加入しておきたい保険です。

 

【できるだけ保険料は払いたくない!】任意保険に安く入る方法

【できるだけ保険料は払いたくない!】任意保険に安く入る方法

任意保険は掛け捨てのため、抵抗がある方もいると思います。

ですが、自動車保険は「必要な3つの保険」の1つです。

必要な保険とは、「起こる確率は低いけど、一旦、起こると損害が大きくなるもの」と言われており、その代表格が、生命保険・火災保険・自動車保険です。

とは言え、どうしても保険料は気になりますよね。

そこで本章では、少しでも安く自動車保険に入る方法をお伝えします。

安く自動車保険に入る方法①
保険料を比較する

比較することで、保険料を下げることができます

できるだけ、多くの損害保険会社から見積もりを取りましょう。

1件、1件見積もりを取るのもいいですが、それでは手間も時間もかかります。

さらに、請求している間に条件がいろいろと変わってしまい、単純な比較ができなくなるというデメリットも・・・。

これらのデメリットを解消するために、自動車一括見積もりサイトを利用しましょう。

ポイントとしては、まずはすべての補償を付けて見積もりして下さい。

私が実際に利用した自動車保険一括見積もりサイトは2つです。

  保険スクエアbang! 保険インズウェブ
見積数
最大17社
最大20社
特徴
わかりやすさ◎使いやすさ◎
保険に詳しくない人方向け
(比較表あり!)
安心のSBIグループが運用
大手で安心したい人向け
公式HP

※実際に見積もりが届いたのは、保険スクエアbang!からは5社分、保険インズウェブからは3社分でした。
※自動車保険一括見積もりサイトを2つ使った理由は2つ。
 ・同じ保険会社でもサイトにより金額が違うという口コミがあったから→実際に違うものもあった
 ・実際に見積もりしてくれる数は数社だと聞いていたから→私の場合、1つのサイトからは3~5社の見積もりだった

安く自動車保険に入る方法②
いらない補償はとことん削る

相見積もりをしたら、

  • いらない補償
  • 必要ない補償額

はとことん削りましょう。

例えば、古い車であれば、車両補償は必要ないと考えられます。

車両補償は時価で補償額が決まります。

万が一、車が大破し、新しい車の買い替えがあっても、車両買い替え分の保険金は今の車の時価分しか出ません。

そう考えると、古い車に対しては、車両保険はあまり必要性を感じません。

さらに、高齢な方で、万が一、自分が自賠責保険しか入っていない車の被害者になってもそんなに慰謝料がいらない(もしくはもらえない)場合は、人身傷害補償は少な目、もしくはいらないという選択肢も考えられます。

安く自動車保険に入る方法③
専門家に保険の相談をする

自動車保険に詳しくないのであれば、必ず、専門家に相談しましょう。

イメージや保険料だけで補償を選ぶのは絶対にNGです。

後で後悔しないよう、必ず、専門家に相談して下さい。

先ほど、ご紹介した自動車保険一括見積もりサイトでも相談にのってもらえますのでぜひ活用してみて下さい。

安く自動車保険に入る方法④
興味がある自動車保険会社はすべて見積もりをする

自動車保険一括見積もりサイトと言えども、すべての保険会社の見積もりが取れるわけではありません。

もし、CMなどで興味がある損害保険会社があれば、ぜひ、見積もりをとることをおすすめします。

自動車保険の選択肢は広げ、その中から補償や保険料を取捨選択すると自分に合った保険にカスタマイズすることができます。

 

 

 

まとめ:「任意保険に入らないのはクズ!」と言われないよう最低限の準備はしよう

まとめ:「任意保険に入らないのはクズ!」と言われないよう最低限の準備の必要はあり

運転するからには被害者に十分な補償ができる備えをすることが、被害者にも自分の家族の為にも必須!

です。

被害者が死亡すれば、その人の人生が終わってしまうばかりでなく、家族が底知れぬ悲しみの人生を送ることになるでしょう。

運よく、ケガで済んだとしても、後遺症が残ることもあります。最悪、一生寝たきりになることも・・・。

ニュースでよく聞く「命には別状ない」と言われる事故でも、手足の切断や重い後遺症で悩んでいる方も多いです。

そうなれば、思い描いていた将来もなくなる可能性もありますよね。

被害者は精神的にも肉体的にも、さらには金銭的にもつらくなります。

また、自賠責保険では、同乗者や自分自身にも補償がありません。

自分だけは絶対に事故らない

誰もがそう思っています。

実際に事故を起こしている方々が一番そういう思いが強いのではないでしょうか?

自動車に乗るには免許が必要です。

「免許が必要」ということは、責任も伴うことを認識して、自分自身の家族のためにも最低限の任意保険には加入しておきましょう。

同じ補償でも、保険会社により保険料は変わります。

自分にあった補償を選択するためにも、保険料を下げるためにも、自動車保険一括見積もりを利用するのがおすすめです。

\無料で見積もり!/

  • 簡単3ステップ
  • 最大17社の見積もりが可能
  • 5万円以上も安くなった人も!(平均3万5千円)

 

「保険スクエアbang!」自動車保険一括見積もりへ

※今、当サイト経由で見積もりすると、無料で「交通事故時の弁護士相談サービス」をプレゼント!
(詳しいサービス内容については上記HPで確認して下さい。)