ぼく達の飼い主の【ポジティぶろぐ】

~人生のびのび前向きで~ 失敗してもそこから学んでいけばいい…

お す す め 記 事

猫(犬)のお留守番|1泊2日~2泊3日ならこれで解決!【おすすめグッズ5選】

f:id:posiblo:20201014214957p:plain

こんにちは、2匹のねこ🐈の飼い主です。

最近、お出かけや残業がまた増えてきました。

そこで気になるのはペットのお留守番です。

(悩み)
私たちのごはんが心配です。

そうだよね。
いつ帰ってくるかわからない飼い主を待つのって正直、つらいよね。

この記事では、そんなねこちゃん、わんちゃんのお悩みを解決します。

【本記事の内容】
  • お留守番中でもペットが快適に暮らせる方法

 

スポンサーリンク

 

                                       

 

お留守番で注意したいこと6つ

お留守番で注意したいこと6つ

猫は1歳以上になるとお留守番ができると言われています。

ただし、お留守番ができると言っても、1泊2日がいいところです。

長くても、2泊3日が限度だと思います。

ペットホテルに預けるのが一番ですが、お金もかかるし、何より、外出嫌いなねこちゃんにとって、お家以外で過ごすのは大変なストレスです。

そこでこの記事では、できるだけ、ねこちゃんがストレスを感じることなく、お留守番ができるグッズを紹介しています。

わんちゃんにもおすすめだよ。

その前に、猫のお留守番で注意していただきたいことが6つあります。

注意事項
  1. ごはんはドライフードに
  2. お水は数ヶ所に置く
  3. トイレを増設する
  4. コンセントはできるだけ抜いておく
  5. 部屋の扉は開けておく
  6. 小物や置物は目に触れないところへ
  7. 家に帰ったらご褒美をあげる

お留守番の注意事項①
ごはんはドライフードに

置き餌は、傷みやすいウエットよりもドライフードがおすすめです。

また、1カ所に置くと、よだれなどで汚れるので、数ヶ所に置くことをおすすめします。

「毎回、新鮮なごはんをあげたい!」という方は、次章でご紹介する「カリカリマシーン」をおすすめします。

お留守番の注意事項②
お水は数ヶ所に置く

お水は、ひっくり返してこぼしてしまう可能性があるので、数ヶ所に置きましょう。

お皿は、ひっくり返りにくく、重いものがおすすめです。

「毎回、新鮮なお水をあげたい!」という方は、次章でご紹介する「給水器」をおすすめします。

お留守番の注意事項③
トイレを増設する

ねこちゃんはトイレが汚れていると、トイレを我慢してしまう傾向があります。

うんちの場合は、2、3日しなくても大丈夫ですが、おしっこは我慢すると腎臓病になってしまう可能性があります。

なのでトイレは必ず、増設してあげてください。

できれば1匹につき1つ増設してあげてね。

トイレって意外に値段が高いので、段ボールに猫砂を入れておくだけでもOKです。

本来、ねこちゃんはダンボール大好きなので、意外に気に入っておしっこをしてくれます。

その際、下にシートを引いておくと、床が汚れません。

私は45Lのごみ袋を、段ボールの中と下に敷いています。

お留守番の注意事項④
コンセントはできるだけ抜いておく

お留守番の際は、できるだけコンセントは抜いておいてください。

普段、コンセントをかじらない猫ちゃんも、留守番のストレスでカミカミしてしまうかもしれません。

また、漏電などで火事にならないよう、必要のない電化製品のコンセントは抜いておくことをおすすめします。

お留守番の注意事項⑤
部屋の扉は開けておく

留守中、部屋が暑くなったり、寒くなったりします。

その際、猫ちゃんが快適な場所を探せるよう、できるだけ部屋の扉はあけて、お部屋の行き来ができるようにしてあげて下さい。

「いつも最適な住環境を整えてあげたい!」という方は、次章でご紹介する「エアコンのリモコン」をおすすめします。

お留守番の注意事項⑥
小物や置物は目に触れないところへ

誤飲を防ぐためにも小物は片づけてあげて下さい。

また、ストレスや嫌がらせで、小物を落とすこともあります。

なので、置物なども片づけておくことをおすすめします。

お留守番の注意事項⑦
家に帰ったらご褒美をあげる

お家に帰ったら、お留守番をしてくれたペットにご褒美をあげましょう。

普段、お留守番が慣れていないと、「もしかしたら飼い主さん、帰って来ないかも・・・」と不安な夜を過ごしています。

皆さんもペットが出て行ってしまって帰って来ないと心配しますよね。

いくら「帰ってくるからね」と伝えても、人間の言葉のすべては理解できていません。

そんなつらい夜を過ごしたねこちゃんわんちゃんに、是非ともご褒美をあげてください

いっぱい抱っこしてあげたり、スキンシップしてあげてください。

ぼくは「ちゅーる」さえもらえればOKです。

私はちゅーるよりも健康にいい塩分控えめで安心して与えられる『モグリッチ』をあげています。

 

お留守番でも快適に暮らす方法5選

f:id:posiblo:20201015164220p:plain
それではこれから、残業や旅行などで飼い主が不在でも、ペットが快適に暮らせる方法をご紹介したいと思います。

お留守番でも快適に暮らす方法①
食事編

お留守番で、一番気になるのが食事ですよね。

置き餌にすると、いっぺんに食べちゃったり、食事管理ができなかったりします。

そういう時におすすめなのがこちら。

カリカリマシーンSP】

<< 外出先からスマホでごはん!みまもる話せる猫犬ペット給餌器カリカリマシーンSP【公式サイトはこちらから】

もちろん、タイマーで決まった時間にごはんをあげることもできます。

例えば、朝、忙しい時は、このマシーンでごはんあげると時短にもなるよね。

コンセントと電池が使えるので、両方セットしておけば、急な停電でも大丈夫です。

また、飼い主の声が録音できるので、「ごはんだよ~」など、いつもの掛け声をかけてあげれば、ペットも寂しくありません。

正直言うと、飼い主いなくても、ごはんさえあればいいので助かります。

🌷 参考記事 🌷

お留守番でも快適に暮らす方法②
お水編

お水は以前もご紹介した給水器のうち、こちらのドリンクウェルプラチナムペットファウンテンがおすすめです。

 

 

タンクに新鮮な水が入っているのがわかるから、いっぱい飲めて安心です。

他の給水器などは、こちらで記事にしています👇
>>ペット給水器 ペットと飼い主が実際に使って選んだベスト3! - ぼく達の飼い主の【ポジティぶろぐ】

スポンサーリンク

 

お留守番でも快適に暮らす方法③
ベット編

うちは代々このベットを愛用しています。

このベッドの周りはただの布ではなく、保温性の高い素材が入っているので、暖房が消えていて寒い時でも、この中に入って入れば、自分の体温で暖が取れます。

f:id:posiblo:20201015131708p:plain

クローゼットの下段にトイレがあり、その上にハウスがあります。
猫が上が好きという習性を考えた作りになっています。

もう、おじいちゃんで登るの大変だから、補助階段も作ってもらったんだって。

これがあれば正直、飼い主うざいです。 (顔にでてるよね。察して下さい・・・。)

お留守番でも快適に暮らす方法④
カメラ編

ちなみにレンタルもできます。
<<【パナソニック公式】お得なペットカメラの定額利用サービスはこちらから

使える機能がいっぱいあるので、くわしくは、ペットカメラ(パナソニックKX-HDN205)でペットのお留守番も安心!(家族の見守りにも強い味方) - ぼく達の飼い主の【ポジティぶろぐ】の記事を見てくださいね。

夜も赤外線カメラでばっちり写ります。

正直、監視されると、「おいた」もバレるし、うざいです。

 

スポンサーリンク

 

お留守番でも快適に暮らす方法⑤
温度調節編

「OK!Google」とか「Hey Siri!」みたいなやつでもできます。

こちらで、テレビ、冷暖房、照明などを設定すれば、外出先から操作できる優れものです。

先程、ご紹介したペットカメラを使えば、「操作の確認もできる」という合わせ技が使えます。

温度調節を飼い主がしてくれるので、この機能だけはありがたいです。
ただ、カメラで見るたびに声をかけてくるのやめてほしいです。正直、うざいっス。

家に誰もいない時に、電気が付いたり、消えたりしたら、泥棒よけになること間違いなし!です。

操作時にスマホにでるリモコン画面がこちらです。

スマホにでるリモコン画面(寝室のリモコン一式)
スマホにでるリモコン画面(エアコン)
スマホにでるリモコン画面

外出先でも簡単に操作できます。

(設定したら、外できちんと反応するかチェックして下さいね。)

 
スポンサーリンク

 

 

まとめ:全てそろえれば、ねこちゃん、わんちゃん大満足!

f:id:posiblo:20200723145147p:plain

ちょっとした旅行や、残業なら、これら全て揃えれば、安心して家を空けれらます。

ただし、1つだけ注意して下さい。

ねこちゃんやわんちゃんが、いたずらできるものや、口に入れてはまずいものは、きちんと片づけていくことをおすすめします。

飼い主が留守中にする、「家の中の探険」はやめられません。

 

快適に暮らせるグッツまとめ
  • カリカリマシーン
  • 給水器
  • ベット
  • カメラ
  • リモコン

 

🌷 ペットの気持ちを聞きたい方におすすめの記事 🌷

 

【関連記事】ペット保険をご検討の方向けにペット保険について詳しく検証しています。