ぼく達の飼い主の【ポジティぶろぐ】

お金とペットの悩みを解決するブログ

ぼく達の飼い主の【ポジティぶろぐ】

\ おすすめ記事 /
スクロールできます

ほけんの窓口「評判は最悪?」実際に相談して検証|直営店の見分け方もあり

記事タイトル
 URLをコピー

ほけんの窓口「評判は最悪?」実際に相談して検証|直営店の見分け方もあり

「ほけんの窓口」ってよく聞くけど、実際どんな感じなの?

この記事ではこんなお悩みを解決します。

実は、私は1年前に『ほけんの窓口』にお世話になりました。
そして、1年後の先月・・・。
この記事ではそんな体験談も合わせてお伝えします。

先に結論!

ほけんの窓口は相談しやすく、とても親切!
ただし、気を付けたいこともあり。

 

【本記事の内容】
  • ほけんの窓口の特徴
  • 直営店とフランチャイズ店(パートナー店)の見分け方
  • ほけんの窓口の口コミ
  • ほけんの窓口に相談に行った体験談

この記事を書いている人 -WRITER-

りん:FP(元税理士事務所勤務)

税金や社会保険などのわかりづらい内容を、できるだけわかりやすく説明しています。その他、アラフォーからチャレンジしているブログ運営や、ペットについても発信しています。

詳しいプロフィールはこちらから

スポンサーリンク

 

                                                  

 

ほけんの窓口の特徴

ほけんの窓口の特徴

ほけんの窓口の特徴は以下のとおりです。

✓ ほけんの窓口の特徴
  1. 生命保険・損害保険合わせて40社以上の取り扱い
  2. 相談は何度でも無料
  3. 事前の予約で待ち時間なし
  4. プロと一緒に保険選びがじっくりできる

それでは1つ1つ見ていきましょう。

ほけんの窓口の特徴①
生命保険・損害保険合わせて40社以上の取り扱い

ほけんの窓口には直営店とフランチャイズ店(パートーナー店)があります。

ほけんの窓口の直営店は生命保険・損害保険合わせて40社以上の保険会社を取り扱っています。

(ほけんの窓口のフランチャイズ店は、そのお店お店によって取り扱う保険会社数が違いますので注意して下さい。 )

ほけんの窓口の取り扱う保険会社数は、他社無料窓口相談よりも多くなっています。 

また、ほけんの窓口では、取扱商品の多さもピカイチです。

ほけんの窓口の取扱商品例

ほけんの窓口の取扱商品例

個人事業主に必須の「就業不能保険」や「所得補償保険」もラインナップに入っています。(就業不能保険や所得補償保険については、「個人事業主が備えるべき保険は?|所得補償保険や就業不能保険がおすすめ - ぼく達の飼い主の【ポジティぶろぐ】」で記事にしています。)

そして、なんと、「ペット保険」も取り扱っています。(ペット保険の必要性については、「ペット保険はいらない?必要?|実際にかかった治療費を公表して検証 - ぼく達の飼い主の【ポジティぶろぐ】」で記事にしています。)

注意!フランチャイズ店(パートナー)店では取り扱いがないものもあります。

ほけんの窓口の特徴②
相談は何度でも無料

ほけんの窓口は、何度相談しても無料です。(これは他社と同じです。) 

無料にできるには秘密があります。(詳しくは「無料保険相談窓口のカラクリを暴露!|メリット・デメリットから不安を解消します - ぼく達の飼い主の【ポジティぶろぐ】」で記事にしています。)

なので、遠慮なく、納得のいくまで相談しちゃいましょう。

もちろん、相談の結果、「お断り」しても大丈夫ですよ。
現に、私は「お断り」しました。(詳細は体験談で記載しています。)

ほけんの窓口の特徴③
事前の予約で待ち時間なし

ほけんの窓口では飛び込みでも相談にのってもらえます。

ただし、予約が入っていれば、もちろん予約優先です。

なので、事前に予約を入れましょう。

予約の入れ方は電話かネットがあります。

私は、予定の合間に予約を入れることが多いので、日時を吟味します。

そういう方は、ネット予約がとても便利です。

『空席確認・予約』をクリックすると、このように予約空き情報画面が出てきます。

予約空き情報画面

予約空き情報画面

とてもわかりやすい画面ですよね。

ほけんの窓口の特徴④
プロと一緒に保険選びがじっくりできる

保険って、1つの保障でも、保険会社がいくつもあったり、それぞれ保障の内容が違っていたりで、理解が難しく、迷ってしまったりしませんか?

今、流行りのネット保険もありますが、「どれだけの人がどの位、内容を吟味しているのかな 」とちょっと不安になってしまいます。

「安い」だけの保険を選んだとしても、ほとんどの場合は内容も「お値段なり」ということも多いです。

「お値段以上」の保険を選ぶには、それなりに保険の知識や、検討する保険の内容を理解していなければできません。

もちろん、ネットサーフィンで勉強するのもいいですが、お時間のない方は是非、「ほけんの窓口」をおすすめします。

ただし、ほけんの窓口は店舗に出向く必要があります。

お子さんが小さくて家を空けられないとか、コロナで外出するのが怖いという方は、保険見直し本舗をおすすめします。

保険見直し本舗では、店舗での相談の他、訪問相談・オンライン相談など、いろいろな相談方法が選べます。 


詳しくはこちらをクリック して公式HPでご確認下さい。

この他にも無料で保険の相談ができる窓口もあります。

おすすめ保険相談窓口
 
保険見直しラボ

平均業界経験年数12.1年のベテランコンサルタントが、訪問もしくはオンラインで保険相談にのってくれる。
さらに今なら、プレゼントキャンペーン実施中
>>保険見直しラボ公式HPへはこちらから

ほけんの時間

子育て世代におすすめの保険相談窓口です。
さらに今なら、プレゼントキャンペーン実施中
>>「ほけんの時間」の無料保険相談はこちら

保険ショップマンモス

店舗型保険窓口相談ならここ!
>>保険ショップマンモス公式HPはこちらから

下記記事では、保険相談窓口を選ぶポイントや実際に相談する際に意識すること、そしておすすめの保険相談窓口をご紹介しています。

「今の保険が本当にいいのかな?」と悩んでいる方もセカンドオピニオンとして利用することもできます。

 

ほけんの窓口|直営店とフランチャイズ店の見分け方

【ほけんの窓口】直営店とフランチャイズ店の見分け方

ほけんの窓口には、直営店とフランチャイズ店(パートナー店)があります。

実は、私は実際に相談に行って初めて知りました。

私が行ったほけんの窓口はフランチャイズ店だったので、他のほけんの窓口には私の情報が反映されないとのことでした。

ほけんの窓口の直営店であれば、直営店同士で情報が共有されるので、次に他の相談を他の直営店でした場合は、再度個人情報を伝える必要はありません。

フランチャイズ店は情報漏えいが怖くないですか?

フランチャイズ店でも「ほけんの窓口」を名乗っている以上、情報管理はしっかりしているので安心できます。

また、直営店とフランチャイズ店では、取扱保険会社も違うので注意が必要です。

フランチャイズ店はその会社が扱っている保険商品しか対応できませんので注意して下さい。

直営店の見分け方ってあるんですか?

ちゃんとあるので安心して下さい。

電話で問い合わせる時は、「直営店で」と伝えれば、きちんと直営店を紹介してもらえます。

ネットでは、予約申し込み時の画面で、直営店なのかフランチャイズ店なのか確認することができます。

予約申し込み画面

予約申し込み画面

電話予約は黄色枠部分の電話番号で予約できます。

ネット予約は青色の枠部分をクリックすると、日時が選べます。

その際、赤枠の「募集代理店」を見てください。

「保険の窓口グループ株式会社」と表記があるのが直営店です。

その他の会社名はフランチャイズ店です。 (フランチャイズ店には、トータルパートナーズ・ともにあ~る・LPHライフコンサルタント・ライフプラザNEOなどの会社名が記載されています。)

簡単に見分けられますね。

 

ほけんの窓口の評判(口コミ) 

ほけんの窓口の評判

それではいい口コミ・悪い口コミ両方見ていきましょう。

良い口コミ

私も実は相談って1回で終わるのかと思っていたら、通い系(何回か通う必要がある)でした。(詳しくは次章の「体験談」でお話ししています。) 

悪い口コミ

悪い口コミはあまりなかったので少ないですが、ご紹介します。

こういった場合は、他にも無料で探せる保険相談窓口があるので、納得が行くまで相談してみて下さい。

 

【体験談】ほけんの窓口に行ってきました!

【体験談】ほけんの窓口に行ってきました

私は約1年前に「ほけんの窓口」に行ってきました。

ほけんの窓口に相談に行った経緯

私がほけんの窓口に行った理由は、自宅倉庫の火災保険の見直しでした。

長い間、両親の知り合いの保険代理店さんにお世話になっていましたが、保険料が高く、どうしても納得がいかず、両親の同意を得て、セカンドオピニオンとして利用しました。

もちろん、補償が充実していて、保険料が安くなれば、ほけんの窓口で申し込む予定でした。

私はFP資格を持っていますが、保険「商品」に関してはくわしくありません。

ただし、保険の知識は一通りあるので、 「こういった保険無料相談は本当にお客のことを考えてくれているのか」という興味もあり、ほけんの窓口に相談に行きました。

(もちろんFP資格を持っていることは言わずに相談に行きました。)

第1回目の相談

保険の相談にのって頂いた方の名刺

保険の相談にのって頂いた方の名刺

私はネット予約をしました。

コロナの時期もあり、午前中に予約し、午後には相談してもらうことができました。

ただ、そこで事件が発生しました。

 私は、「ほけんの窓口」には、直営店とフランチャイズ店があることを知らなったのです。

訪問してすぐ、相談にのってくれる方(名刺の方)から、その説明を受けました。

「それでもいいですか?」と丁寧に言われました。

来てしまったものはしょうがないので、「はい」と答えましたが、その時は正直な話「失敗したな」と思いました。

その後、個人情報の取り扱いの説明を受けた後、個人情報の記入をしました。

来店における一通りの手続きが終わった後、私が相談したいことや今、すすめられている保険について、相談しました。

私が相談したかった内容は2つ。

  • 他にいい保険がないか
  • 保険料を算定する基準を「時価」にできないか

火災保険の受取保険金については、再調達価格と時価の2つの算定基準があります。

  • 再調達価格・・・同じ建物を再度購入する際に必要になる価格(新品価格)
  • 時価・・・建物を今売ったとしたときの価格(今の価値の価格)

火災保険は、通常ほとんどが再調達価格で算定します。

ただ、再調達価格は時価よりもどうしても高くなるので、保険料も上がります。

私が今回加入しようとしていたのは、ほぼ使っていない倉庫の火災保険です。

ほぼ使っていないので、倉庫がなくなった場合は、再建する必要がありません。

なので、高い保険料の「再調達価格」ではなく、保険料の安い「時価」で保険料を算出することを希望していました。

両親の知り合いの保険代理店曰く「主流は再調達価格なのでそれはできない。」とのことで、本当にそうなのか確認したく、無料保険相談という手段を選びました。

今回の相談の1つ、「時価」にできないかどうかという疑問については、「できる」とのことで、両親の知り合いの保険代理店の方への不信感は一気に増しました。

もう1つの疑問、「他によい火災保険はないか」という質問に関しては、後日提案ということになりました。

ここで私の想定が1つ外れました。

その日の内に提案してもらえるとばかり思っていたのですが、提案は、私から聞いた状況を1回吟味して、色々提案を考えてから紹介してもらえるとのことでした。

第2回目の相談

第2回目の相談日程は、第1回目の相談の最後に日程調整が行われました。

最速で「1週間後」と言われ、1週間後の同時刻の予約となりました。

2回目の面談では、「どんな保険(会社)を進めてくるのか」「どの位安くなるのか」期待をして訪問しました。

結果は、

  • 今すすめられている保険が一番いい
  • 今取引のある保険代理店に時価でできないか提案した方がいい

とのご助言を頂きました。

理由は、2つ。

1つは、保険会社を比較した結果、自分達でもこの保険を紹介することになること。

もう1つは、保険契約後、保険金請求時には、昔から懇意にしている保険代理店さんの方が対応が早くなるとのことでした。

第3回目以降

第2回目以降で「YES」か「NO」が決まれば、そこで相談は終わりですが、決まらなければ(疑問や不安があれば)第3回目以降相談は続きます。

是非、納得のいくまで相談して下さいね。

私の場合は、両親の知り合いの保険代理店さんが、「時価」でやってくれるかどうかわからなかったので、一旦、相談は終了してもらうことにしました。

総評

この一連のやり取りで、ほけんの窓口に対して、私はいい印象を持ちました。

ただ、昔ながらの懇意にしている保険代理店のような「電話1本でツーカーで何でも相談できる」という感じではないなと感じました。

今は、何かあれば直接、保険会社さんとのやり取りが主流ですので、そこを考えると、「アリ」だなとも思いました。

もう1つ気になったのが、「その他の保険の相談はないですか?」と言われたことです。

「今回の相談内容で質問はないですか?」ならしっくりきたのですが、「他の保険の相談」と言われたことで、「生命保険なども話ができれば話したいんだろうな・・・」と思いました。

まあ、そのこと自体は営業活動としては許容範囲内だと思います。

もちろん、その際にも、無理強いを感じさせるような過度な営業活動はありませんでした。

あれから1年後(今現在)

あれから1年後今現在、実は保険をかけていません。

結果がわかったので安心したことと、色々と立て込んで行動に移せていないのが理由です。

そして、先日、「ほけんの窓口」で担当して頂いた方から、「その後大丈夫ですか?」との連絡がありました。

その電話も押し売り的なものではなく、現状確認的なものだったので、すぐ、電話は終わりました。

「これからしつこく電話がかかって来たら嫌だな」と思っていましたが、1ヶ月過ぎた今日現在、電話はかかってきません。

私の感想としては、次は是非、「ほけんの窓口で契約しよう!」と思えるくらい、満足のいく対応でした。

 

まとめ:ほけんの窓口はとても親切|保険に不安がある人は相談しないと損!

まとめ:ほけんの窓口はとても親切|保険に不安がある人は相談しないと損!

ほけんの窓口を体験した結果、以下のメリットを感じました。

メリット
  • 入りたい保険の理解が深くなる
  • 保険について詳しくなれる
  • 時短になる(ネットサーフィンよりも効率的)
  • (セカンドオピニオンをすることによって)プロの目で比較検討ができる

逆にデメリットとしては、店舗型しかないということくらいでした。

店舗型は気軽な分、行くのが大変だったり、相談に必要な資料がない場合はそこで相談が止まってしまうというデメリットもあります。

忙しい方や保険相談と言っても何を相談していいかわからない方は、訪問型の無料保険相談に相談することをおすすめします。

保険見直し本舗では、店舗での相談の他、訪問相談・オンライン相談など、いろいろな相談方法が選べます。 


詳しくはこちらをクリック して公式HPでご確認下さい。

この他にも無料で保険の相談ができる窓口もあります。

おすすめ保険相談窓口
 
保険見直しラボ

平均業界経験年数12.1年のベテランコンサルタントが、訪問もしくはオンラインで保険相談にのってくれる。
さらに今なら、プレゼントキャンペーン実施中
>>保険見直しラボ公式HPへはこちらから

ほけんの時間

子育て世代におすすめの保険相談窓口です。
さらに今なら、プレゼントキャンペーン実施中
>>「ほけんの時間」の無料保険相談はこちら

保険ショップマンモス

店舗型保険窓口相談ならここ!
>>保険ショップマンモス公式HPはこちらから

下記記事では、保険相談窓口を選ぶポイントや実際に相談する際に意識すること、そしておすすめの保険相談窓口をご紹介しています。

 

【関連記事】個人年金について年代別にわかりやすく解説しています。 

 

【関連記事】iDeCoと個人年金の比較をしています。