ぼく達の飼い主の【ポジティぶろぐ】

~人生のびのび前向きで~ 失敗してもそこから学んでいけばいい…

MENU

【主婦・学生必見】ブログやユーチューブで収益が出たら扶養に注意!

f:id:posiblo:20200609184150p:plain
こんにちは、りんです。

コロナなどで家にいる事が多くなり、ブログを始めた方も多いと思います。

また、7月からは、段々と外に出れる様になり、アルバイトやパートをまた、再開された方も多いのでは?

ここで気になるのが、103万円の扶養の壁

そこで、この記事では、

ブログやユーチューブで収益が出ている方、特に、親や配偶者の扶養になっている方向けに、税金や社会保険の「扶養」について注意すべきこと

 

をわかりやすく説明しています。

【本記事の内容】
  • ブログやyouTubeなどで収益が出た方
  • アルバイトやパートで働いている方

対象に、「税金」や「社会保険」の扶養について説明しています。

 

この記事を書いている人 -WRITER-

りん:FP(元税理士事務所勤務)

税金や社会保険などのわかりづらい内容を、できるだけわかりやすく説明しています。その他、アラフォーからチャレンジしているブログ運営や、ペットについても発信しています。

詳しいプロフィールはこちらから

スポンサーリンク

 

 

 

ブログやユーチューブで収益があると、税金や健康保険の扶養に気を付けないといけない理由

f:id:posiblo:20200722164402p:plain

ブログやユーチューブなどで収益が出てくるようになったら、是非、税金や健康保険の扶養について、気を付けて下さい。

早め、早めの対策で、節税できる部分も増えていくと思います。

また、収益があるにも関わらず、申告をせず、税務署から指摘があると、自分自身の税金だけでなく、扶養者(両親や配偶者)の税金も修正申告の必要が出てくることもあります。

万が一、何年も前から申告していなかった場合は、3年(悪意があると認められると5年)分、申告漏れを指摘されるますので、十分気をつけて下さい。

扶養の話で、よく「103万円の壁」と言われますが、この話は、お給料が収入源の方の話です。

 

ブログやユーチューブからの収入の方には当てはまらないので、くれぐれも注意してね。

 

また、健康保険についても、扶養だった方が扶養を外れることになると、自分で国民健康保険を払うケースも出てきます

これも過去にさかのぼって払わされるケースがあるので気を付けたいところです。

もし、もっときちんと話を聞いて対応したいという事であれば、
税金については税理士さんへ、社会保険については社会保険労務士さんに是非、ご相談する事をおすすめします。

税理士さんを探すならこちら ↓ ↓

それでは、次項より、これらお話をする上で、押さえておきたい最低限の用語などを説明したいと思います。

税理士さんや社会保険労務士さんにご相談する際も、これからお話しする事をご理解頂いた上でお話しをされるとスムーズにいくと思います。

スポンサーリンク

 

 

税金の種類と社会保険の種類

f:id:posiblo:20200923182102p:plain

一言に、「税金」や「社会保険」と言っても、狭義・広義で意味合いが変わってきます。

ここをしっかりと理解すると、これからお話しする事の理解度が全然違います。
次項以降、わからない事があったら、ここに戻ってきて、どの部分の話をしているのか、必ず確認してくださいね。

 

税金の種類

個人の方の税金には、「所得税」と「住民税」の2種類があります。また、年間1,000万円以上稼げる様になると、「消費税」が問題になってきます。

この記事では、そのうち「所得税」と「住民税」について、ごくごく基本的な事を簡単に整理していきたいと思います。

所得税

所得税とは、国が個人の所得に課税する税金です。

税率は、所得によって段階的に5%・10%~最高45%の超過累進課税になります。

超過累進課税とは


分離課税(株や土地売買に課税されるもの)以外の所得を全て足した合計額が、増えれば増える程、税率が高くなる税金です。

例えば、お給料の他に、年金収入があった場合は、お給料の収入と年金の収入の合計額で税率が変わります。(ちょっとわかりずらいので、もし、ここの部分で「?」となったら、読み飛ばして下さい。)

所得税は、自分で計算して申告して、税金を納付します。(お給料をもらっている人は、お給料の収入の分だけ、会社で計算してくれています。)

住民税

住民税とは、地方自治体(都道府県と市区町村)が個人の所得に課税する税金です。税率は、一律10%位です。

「10%位」と、あやふやな書き方ですが、説明すると長くなるのでここでは省きたいと思います。

住民税は、市区町村が所得税の計算を元にして計算してくれます。その結果を元に税金を納付します。

 

社会保険の種類

社会保険には、「年金」・「健康保険」・「労働保険」などがあります。ここでは、「年金」と「健康保険」について、必要最低限度のお話ししたいと思います。 

年金

年金には2種類あります。20歳を超えたら、どちらか一方に加入しなければなりません。

  1. 厚生年金
    会社員が入る年金です。
    一定基準以下の配偶者の方は、届出をすれば、年金を払わずに配偶者の年金に加入できます。
  2. 国民年金
    個人事業主や学生、無職の人が入る年金です。

 

健康保険

健康保険にもおおまかに言うと、2種類あります。(細かく言うとさらに枝分かれするのですが、ここでは割愛します。)

健康保険は、生まれたその日から死ぬまで、加入しなければなりません。

  1. 健康保険
    会社員が70歳まで入る保険です。扶養者(子供・配偶者など)も保険料を払わずに加入できます。
  2. 国民健康保険
    個人事業主やその配偶者、又は、一定の方(健康保険加入者の扶養になれない人)が加入する保険です。
スポンサーリンク

 

 

「収入」と「所得」の違い

f:id:posiblo:20200714165834p:plain

いきなりですが、皆さんは、「収入」と「所得」の違いをご存知でしょうか? 

ご存じの方はここは読み飛ばしてください。ここをクリックすると次項へ飛びます。

ご存知ない方は、この2つの言葉は、「税金」にも「社会保険」にもどちらにも、とても重要な言葉ですので、まずはこの定義をしっかりと理解して下さい。

とても簡単な話です。

しかし、皆さん、意味合いをごっちゃに話している方が多く、こういった話をすると、必ず、誤解が生じる部分ですので、きちんと認識していただいた方がいいと思います。

簡単に、計算式でいうと、

収入-  必要経費  =「所得

となります。

収入」とは、商品販売で言えば、「売上」になります。

かたや、

所得」とは、「売上」から仕入額を引いた金額(利益)になります。

そしてここが一番大事なのですが、

税金は「所得」を基準にし、

健康保険は「収入」を基準にして

扶養を決めています。

 

POINT

扶養の決め方

  • 税  金・・・「所得」を基準に決定
  • 健康保険・・・「収入」を基準に決定
スポンサーリンク

 

 

ブログやユーチューブで収益が出たら考える税金と社会保険の扶養について

f:id:posiblo:20200722164933p:plain

前置きがかなり長くなりましたが、いよいよ本題に入りたいと思います。

ブログやユーチューブで収益が上がったら、なぜ、税金と社会保険を意識しないといけないかは、先程、お話しした通り、親や配偶者の扶養から抜ける必要がでてくる可能性があるからです。

先程、お話しした通り、申告漏れが発覚すると、過去にさかのぼり課税されます。

扶養されていた場合は、扶養してくれた人も修正申告し税金を追加で払う必要があります。

そしてその追加の税金には、罰金の様な役割の追徴課税も当然払うことになりますので、十分気を付けて下さい。

それでは、扶養要件をお話ししていきたいと思います。

こちらのお話もごちゃごちゃしているので、できるだけ、簡素化してお話ししたいと思います。

税金(所得税)の扶養要件

税金(所得税)の扶養要件は以下の通りです。

税金の扶養要件
合計所得金額(すべての所得の合計額)が48万円以下

 

つまりは、48万円を超えると親の扶養から外れます。

配偶者はさらに細かい区別があるので、話が複雑になるのでここでは割愛します。

ここでは、この金額のラインを意識してください。

健康保険の扶養要件

健康保険の扶養要件は、次のいずれかになります。 

健康保険の扶養要件
  1. 年間収入が130万円未満
  2. 同居の場合は、収入が扶養者(親や配偶者)の収入半分未満
  3. 別居の場合は、収入が扶養者(親や配偶者)からの仕送り額未満 

 

ややこしいので、例をあげると以下のとおりになります。

【自分の収入金額が120万円・親の収入金額が200万円】の場合、親の扶養になれません。

なぜなら、年間収入が130万円未満ですが、親の収入の半分100万円以上の収入があるからです。

スポンサーリンク

 

 

まとめ:収益がでたら気を付けるべき扶養基準は…

f:id:posiblo:20200722164545p:plain
「できるだけ、わかりやすく」ということを意識したので、かなりざっくりとした話しになってしまいました。

【扶養の決め方】

  • 税  金・・・「所得」を基準に決定
  • 健康保険・・・「収入」を基準に決定

健康保険については、収入金額で扶養になれるかなれないかが決まってしまうので、対策を取れませんが、税金については、所得金額で扶養になれるかどうか決められるので、対策を取る事が出来ます。

ここまで話してきて、中々、難しかったと思います。

そこで、具体的な数字を使ったシュミレーションを記事にしました。

こちらの記事では、具体的な数字を交えて、シュミレーションしていますので、是非、ご確認下さい。

🌷 参考記事 🌷

 

↓ こちらの記事もよく読まれています🐈 ↓

www.posityblog.com

 

税理士さんを探すならこちら ↓ ↓

 

スポンサーリンク